« 政040:旧香日向小跡地利用の市民委員公募の結果 | トップページ | 雑305:赤い羽根共同募金 »

2012年9月30日 (日)

山092:会津磐梯山は感激の眺望

29~30日と一泊での磐梯山山行にいってきて、今日の午後に帰宅した。夕方からは台風17号の関東接近で、今、外では風雨が強まっている。わずかの差で無事に山行を終えられてよかった。

当初は10人の参加予定だったが、直前に2軒も身内のご不幸があって、参加者5名になってしまった。宇都宮線から、小山で東北新幹線に。郡山の駅でほかの4人と合流して、磐越西線に乗り換え、猪苗代駅で下車。

20120929_006

予約してあったタクシーで八方台登山口へ。山の中に入ると、すっかりガスの中になって眺めはきかない。10時前に歩きはじめる。登りは、一昨年の町内の山の会で来た時と同じコース。林の中の緩やかな道を半時間足らずで中の湯跡に着く。廃屋になった小屋はそのまま。湧いたままの温泉は足湯として使えるようになっていた。帰り道ならゆっくり足を漬けるのだが、今回は通り過ぎる。

20120929_017

風のまったく吹かないガスの中、小刻みに休憩を取りながら道をあがってゆく。12時に弘法清水に到着。冷たい清水がおいしい。

20120929_027

ここから山頂まで最後の急登の道。林と灌木がとぎれて、12時半過ぎに山頂下の小屋に着く。ガスで何も眺めのない中、取りあえず昼食。お湯を沸かして熱い味噌汁がおいしい。ともあれ、山頂で証拠写真を撮ってから下山しよう。ところが写真を撮り終わった後から、急にガスが晴れはじめ、みるみる眼下に猪苗代湖の全景が広がってきた。山頂にいた登山客のあいだから拍手がわき起こる。

↓クリックしてパノラマ写真を。

20120929_04243

遠くの雲海を背景に、白雲の浮かぶ湖、黄金色の田んぼ、紅葉のはじまった斜面と、感激の眺望である。登ってきてよかった。青空が広がるにつれて、反対側の爆裂火口のあたりや、裏磐梯側、遠く朝日岳の頭も見える。

眺望を満喫してから、1時半ごろ下山に取りかかる。下りは尾根伝いに翁島登山口へのコース。下りと思って少し見くびっていた。急な休みなしの坂続きでしかも登りよりも標高差が大きい。

青空と紅葉の始まった灌木の斜面を、最初は機嫌よく下り始めたが、大岩のあいだを縫いながら急激に下ってゆくにつれて、足への負担がきつくなってくる。

20120929_061

岩だらけの道を、途中で少し迷ったりしながら、やっと下りきって、灌木のあいだの道になったが、急坂にはかわりない。薄いガスもかかってきた。休み休みで、どうにか、スキー場のゲレンデに出た。山頂からは間近に見えていたスキー場だが、ここでやっと3時半過ぎ。しかもリフトが動いているわけではないので、この長いゲレンデの草原を、湖を見ながらまだまだ下り続けねばならない。

20120929_076

4時20分、やっと翁島登山口の道標に到着。今日の宿の国民宿舎さぎの湯にケータイで電話して迎えの車をお願いした。

20120929_088

ともあれ無事に下山。まずは源泉かけ流しの温泉で汗を流してからビールで乾杯して食堂で夕食。けっこう大きな宿なのだが、土曜日の泊りは我々5名と、若いお兄さんが一人。やはり原発事故の影響なのかなあ。

20120929_092

夜はまた宴会の続きで12時ごろやっと寝床へ。ちょっと飲み過ごしたかな。

翌朝は朝風呂のあと朝食。10時近くまで部屋でゆっくりしてから、宿の車で、翁島駅まで送ってもらう。ところが降りるときにうっかり、車の中に登山靴を置き忘れてしまった。駅のホームで気が付いて宿に電話したら、急いでまた駅まで車を走らせていただいて、電車の到着間際、間一髪で間に合った。次の電車は2時間後。どうもご迷惑おかけしました。ありがとうございました。

20120930_011

車窓から磐梯山を眺めながら山に別れを告げる。あの左側の尾根を全部下ったのだから足にこたえるはずだ。

20120930_014

磐越西線は無人駅が多い。秋の好天の中、田畑や山や村を抜けて郡山駅に着いて駅前を歩く。ここはさすがに街らしくて、駅前のビルにプラネタリウムがあったり、なぜか風俗無料案内所が3軒も固まっていたり。(笑

お昼は、うすいデパートの中の蕎麦処こまちで満腹セット。けっこうおいしいソバだった。メニューが¥800で、レジでは¥799だったのが謎だが。

うすいデパートは創業350周年中。通りには、安積国造神社の参道の鳥居や、道路元標の石碑があったりして、けっこう古い宿場街なのである。

20120930_021

郡山からの新幹線は宇都宮で乗換えて、2時半ごろには早々と帰宅。みなさんお疲れ様でした。また次回の山行もよろしく。

10/1 追記。

帰宅後に見直したら、登りの八方台コースは標高差625m(累積標高差671m)、翁島コースは下りっぱなしの標高差1,010m だった。(T_T)

20121001bandaiokinajimadanmen

|

« 政040:旧香日向小跡地利用の市民委員公募の結果 | トップページ | 雑305:赤い羽根共同募金 »

コメント

山上を蔽っていたガスが晴れたり、台風の
来襲の前に帰り着けたり、順調な山行き
でしたね。
しかしそんな時に限って、大事なものを
忘れたりして。

投稿: yone | 2012年10月 1日 (月) 00時23分

ご苦労様でした。早く帰宅出来て良かったね
郡山で一杯やっていたら台風に合ったかも
被害は無かったですか。どこの山も楽な山が
無いね 足腰が痛いかも 次回も宜しく

投稿: しろいの梨 | 2012年10月 1日 (月) 15時26分

>順調な山行きでしたね。・・・・
天候については、まあ、普段の行いがよかった
おかげだろうと思います。忘れ物は歳のせい。
こまめにメモをつけ、荷物には紐をつける
ようにします。それにしても、さぎの湯の
ご主人には感謝々々。

>郡山で一杯やっていたら・・・・
そうですね、今回の台風は足が速かった。
風俗無料紹介所の利用は、次の機会にしましょう。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年10月 1日 (月) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山092:会津磐梯山は感激の眺望:

« 政040:旧香日向小跡地利用の市民委員公募の結果 | トップページ | 雑305:赤い羽根共同募金 »