« 路215:禁煙長寿ピンコロ地蔵 | トップページ | 本116:出版社のPR誌を整理する »

2012年4月23日 (月)

山081:甲州高尾山は花の尾根歩き

昨週末、21日(土)は町内の山の会で、山梨県の甲州高尾山へ。HW駅で「金沢支部長」のFさんと合流して、24名の参加者。このところ雨降りの山行が続き、今回も朝から曇り空、バスの窓を小雨が濡らしたりと、天候を気遣ったが、笹子トンネルを抜けたとたんに、頭上は青空、遅れ咲きの桜や桃の花に迎えられた。

9時に大善寺の登山口をスタート。樹木のまばらな尾根道を急登。眼下には桜、桃、杏などの花に埋まる甲府盆地が広がる。

20120421_010

30分ほどで送電鉄塔の下について一休み。

20120421_015

ここからは尾根伝いのアップダウンの道が続くが、けっこう陽射しが強くて汗をかく。ところどころに、ヤシオツツジの赤紫色が鮮やか。

20120421_028

11:00、甲州高尾山に到着、1,106米。といっても、尾根のピークの一つ、という感じだ。

20120421_042

写真を撮ったら、更に富士見台へ。これが思いのほか長い。尾根の右側は山火事の跡の新しい植林帯が広がっている。そうとう大きな山火事だったのだろう。このところの運動不足のせいか、ちょっと息が上がり気味。やっと12:00に富士見台に到着。正面の山越しに、富士山の白い頭を眺める。写真では判りにくいかな。

20120421_061

お昼は春風の中でコンビニ弁当とインスタントラーメン。

↓クリックしてパノラマ写真を。

20120421_05054

さて、眺めを堪能したら、ここからは下山のコース。植林帯の中の道を下って大滝不動尊の奥宮へ。流れ落ちる立派な滝を背に、神社の朱塗りが映える。

20120421_088

ここからは車道歩きの下り。桜、ツツジ、新芽がとりどりに道路わきを彩っている。

20120421_102

20120421_107

実は、このまま前宮まで下れば問題なかったのだが、ちょいと近道をしたのがもとでトラブルになってしまった。顛末を詳しく書きたいのだが、騒動の元でありながらブログネタにするのも憚られるので、簡単ながら21日付のリーダーの報告をBBSでご覧下さい(http://8419.teacup.com/kahinata/bbs)。追って、会の内部記録にでも詳述します。

大事には至らなかったが、3時間ばかりをロスしたので、恒例の温泉と湯上りビールは抜きに。(T_T)

圏央道の狭山PAで山菜ソバの夕食を食べて、9時に無事帰着。

20120421_154

リーダーさんには、大変な一日、お疲れさまでした。

|

« 路215:禁煙長寿ピンコロ地蔵 | トップページ | 本116:出版社のPR誌を整理する »

コメント

「眼下に桜、桃、杏などの花に埋まる
甲府盆地」へ一度行ってみようという
話をしています。

花の名前は似たようなものですが、
フンザとはまた一つ、趣が異なって
いるのかもしれませんね。

投稿: yone | 2012年4月24日 (火) 13時22分

今年は桜の開花が遅れたので、例年なら
順繰りに咲く花が、一度に満開になって
しまったのだそうです。今月中はまだ
いろいろな花の見頃でしょう。

トラブルがなければ、天空の湯で一風呂
浴びて、湯上りに甲州ワインの試飲など
楽しめたはずなんですが。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年4月24日 (火) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山081:甲州高尾山は花の尾根歩き:

« 路215:禁煙長寿ピンコロ地蔵 | トップページ | 本116:出版社のPR誌を整理する »