« 雑240:おおまさりの茹で落花生 | トップページ | 遊137:権現堂桜堤の曼珠沙華 »

2011年10月 6日 (木)

路205:山羊のトーマ

久しぶりのウォーキング。権現堂桜堤へ向かうコースの途中、踏み切りの傍に山羊を飼っているお家がある。山羊小屋は変わりがないのだが、はて今日は山羊の姿が見えない。

20111006002

小屋に飼い主のお知らせが貼られていた。

20111006001

飼い主や近所の人にかわいがられて、天寿を全うしたのだろう。

「トーマ」といえば、萩尾望都の「トーマの心臓」から名づけたのだろうか。

|

« 雑240:おおまさりの茹で落花生 | トップページ | 遊137:権現堂桜堤の曼珠沙華 »

コメント

山羊の寿命は15年程度らしいですね。

山羊は賢く、羊は頭がよくないので、
放牧の場合、適当に山羊を混ぜないと、
上手く動かせないみたいです。

投稿: yone | 2011年10月 6日 (木) 21時38分

昔、田舎の中学校では山羊が飼われていて
酔仙は「飼育園芸部長」でしたので、その
世話をしていました。山羊は羊と違って
山地の動物なので、小屋の中にリンゴ箱
などを積んでやると、上へ上へと登って
天辺で休んでいるんです。その他にも
伝書鳩や兎などいろいろ飼っていました。

今では、学校でも農家でも、あまり多くは
見かけなくなりました。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年10月 6日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路205:山羊のトーマ:

« 雑240:おおまさりの茹で落花生 | トップページ | 遊137:権現堂桜堤の曼珠沙華 »