« 路205:山羊のトーマ | トップページ | 雑241:今年のギンナン »

2011年10月 6日 (木)

遊137:権現堂桜堤の曼珠沙華

ご町内の猫模様ブログは、ネコだけかと思ったら、曼珠沙華の写真も一足先を越された。

雨上がりの晴天となったので、権現堂桜堤まで曼珠沙華の花を見に出かける。平日だが見物人が三々五々行き交う。

20111006003

堤の西側にずっと真っ赤な花がびっしりと続く。盛りをやや過ぎたぐらいだろうか、まだ数日は見られそうだ。

20111006023

ところどころ、白い花が交じってアクセントを添える。

20111006012

たまたま揚羽蝶の写真もうまく撮れた。

20111006016

さすがに往復13千歩ほど歩くと一汗かいた。帰りの寄り道で、余得にギンナンの実を一袋拾った。近頃は、お年寄りが朝早くに拾ってしまう、ということが減ったのだろうか。

|

« 路205:山羊のトーマ | トップページ | 雑241:今年のギンナン »

コメント


えっ、「お年寄り」が昼間に拾ったというだけのことではないのですか。

投稿: yone | 2011年10月 6日 (木) 21時43分

御堂筋のギンナンは毎年入札で売られる
と聞きましたが、普通、寺や神社の
ギンナンは誰でも採ってかまわないのが
慣習のようです。日本原産ではなく、
仏教などとともに持ち込まれて寺社に
植えられたという由来に関わるのでしょう。

食物が貴重な時代には、近所の早起きの
お年寄りが朝のうちに拾い尽くして
しまったものです。今はみんな豊かに
なったので、拾って洗って干して、など
やらなくなったのでしょうか。
酔仙は、朝寝好きの「お年寄り」です。


投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年10月 6日 (木) 23時25分

曼珠沙華 お先にいただきました

たまたま月曜日が 母の友人の都合のつく日だったので
お天気に恵まれ 丁度見頃の曼珠沙華を観る事ができました


私も車の運転をしないなら ビールがいいかなぁ
いやいや おにぎりと卵焼きとから揚げと…
秋空の下で大勢でお弁当を食べたら 美味しいだろうなぁ
私はやっぱり 天高く〇肥ゆる秋です(日本の解釈で)


※ 猫模様のURLを貼っていただき有難うございます
   酔仙さんに負けないブログになるように頑張ります
   (無理だと思いますが…)

投稿: KATSUE | 2011年10月 7日 (金) 02時15分

車の運転をしていると、せっかくの行楽に
出かけた先で、ビール一杯も飲めない
というのが難なんです。かといって、関東
平野の真ん中に住んでいると、どこへ行く
にもともかく車が無いと始まらないし。
昔の人は物見遊山にみんな歩いて行って
たんですねえ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年10月 7日 (金) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊137:権現堂桜堤の曼珠沙華:

« 路205:山羊のトーマ | トップページ | 雑241:今年のギンナン »