« 本107:『香日向一箱古本市』を呼びかける | トップページ | 路200:裏文字 »

2011年7月15日 (金)

路199:パチンコ屋の跡に

市内を通りかかったら、街の中のT字路の角にあったパチンコ屋が廃業になって、建物は改修されて葬儀場の看板があげられていた。まだ工事中だが、まわりの家にはこんな反対のスローガンが。

20110712_003

誰もが最後はお世話になる場所なのだが、目の前にあるのはちょっと、ということか。周囲の商店街は既にシャッター通り化がかなり進んでいるのだが。

さて、明日からの三連休で、丹沢山縦走にいってきます。

|

« 本107:『香日向一箱古本市』を呼びかける | トップページ | 路200:裏文字 »

コメント

"情緒ある景観"にはパチンコ屋の方がイカンと思うけどねぇ。
私はどうもパチンコの方に偏見があって、昔のクラスメートに逢って
会話の中で『時間があったからパチンコに行って・・・』と云われて、
ちょっと引いてしまう自分がありました。

投稿: ぷうぷう | 2011年7月16日 (土) 07時23分

幸い、台風にも追いつかれず、昨日のうちに無事、丹沢から下山してきました。今日は朝から雷と吹きっ降りの天気です。

パチンコ屋は、日光街道には似合わないけれど、繁華街には似合うでしょう。繁華街がシャッター通りになってしまったら、不似合いですが。

酔仙も若い頃はパチンコ屋にも行きましたが、(当たり前ですが)どうも金ばかり無くなっていくので、早めに足を洗いました。偏見をもって言えば、サンボア>赤提灯>パチンコ>競馬競輪、という序列でしょうか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年7月19日 (火) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路199:パチンコ屋の跡に:

« 本107:『香日向一箱古本市』を呼びかける | トップページ | 路200:裏文字 »