« 印052:やっと今日から許我篆刻会展が | トップページ | 遊125:WEBサライの招待で岐阜九蔵の酒を呑む »

2011年5月 5日 (木)

山065:石老山は、相模湖を見下ろして頂上で握手

昨4日は、もう一つの山の会で、相模湖を眺める石老山の山歩き。かなり昔に、歩いた記憶があるコース。

JR相模湖駅に8:30集合だったのだが、HW駅6:19発のJRにのってまもなく、「池袋で線路立ち入りのため」電車が停止、20分の遅れ。京王線経由の予定だったが、乗換えナビに頼りなれてしまって、代わりのコースが良くわからない。あっちへ乗換えこっちへ乗換え、乗り間違えて青梅線の拝島駅まで行ってしまって(T_T)、結局、相模湖駅には9時を過ぎてたどり着いた。途中で公衆電話を捜して、幹事のMさんのケータイに連絡できたが、追いつけるかどうか。

ともあれ、JR相模湖駅から連休でぎっしりのバスで石老山入口へ。やっと10時前に歩き始める。石老山の石碑の横にある、「鉄格子のある」S病院をすぎると山道に入る。この山も、磐座と山岳宗教のコース。不動岩から始まって次々に巨岩が続く。

20110504__018

登り道は湿っぽいコースなので、苔むした巨岩の間にはシャガの花が目を楽しませてくれる。

20110504__012

30分余りで中腹の顕鏡寺に着く。昔、秋に登ったときは、銀杏の大木から銀杏の実が、風とともにバシッバシッと落ちてきていた記憶があるが、今は新緑の明るい色に染められている。↓クリックしてパノラマでどうぞ。

20110504__02526_2

寺から さらに、いろいろな名前の付けられた巨岩の続く道をたどり、尾根のあたりに近づいて緩やかになると、杉に雑木の混じる明るい里山風になる。ところどころ、山桜が風に吹かれて名残の花吹雪を山道に降らせる。

20110504__056

途中の展望台からは、足元に相模湖を見下ろせるようになる。

20110504__058

12時を過ぎて。不老山の山頂に到着。沢山のグループの間から、見慣れた顔が手を振っている。おお、やっと追いついた。感激の握手。既に一時間ほど待ちながら、皆で酒を呑んでいたという。とりあえず駆けつけ三杯の酒がうまい。

20110504__064

一休みしてお結びで腹を満たしてから下山コースへ。大明神展望台からは360度の眺めが楽しめる。何の鳥だろうか、一際はっきりとした鳴き声が響き渡る。鮮やかなツツジの花も。

20110504__078

山道を降りきったところに、相模湖休養村キャンプ場。

20110504__083

なぜかエビスの缶ビールが¥200。こりゃ値段の付け違いじゃないかと思いつつ、皆でおいしくグビッといただく。

道の途中で、「渡し舟」の看板にひかれて、坂道を湖面まで下る。途中で酔仙の苦手な青大将がいたりしたが(T_T)、黄色いドラム缶を叩いて舟を呼ぶ。

20110504__097

対岸の相模湖駅の下まで片道¥600、船長のおじさんのお話なども聞きながら、川風に吹かれて10数分の楽しい時間だった。

今日の締めは、やはり駅前のソバのお店。ざるには日本酒があう。帰りの電車は混んでいて座れないが、それでも立ったまま、ザックの残りの酒を味わいつつ帰宅の途につく。なに、ただの山帰りの迷惑なオジサン達だと?

それにしても、山頂で待っていてくれた皆さん、ありがとう。肋骨骨折で来られなかったDさん、次回はよろしく。幹事役のMさん、お世話になりました。

|

« 印052:やっと今日から許我篆刻会展が | トップページ | 遊125:WEBサライの招待で岐阜九蔵の酒を呑む »

コメント

いやー、意外に早かったですね。
まだまだ健脚です。若いです。もう少し時間がかかるだろう、もう少し飲めるだろうと思っていましたのに元気な顔が突然見えたので驚きました。それにしては写真もちゃんと撮っていますね。
酒あり、花あり、岩あり、蛇あり、船もあり、そばがあって楽しい山でした。
これぐらいの山が良いですね。

投稿: 川崎の酒仙 | 2011年5月 6日 (金) 08時22分

山道を登りながらこう考えた。ナビに頼れば路頭に迷う。成り行きで乗ればあさっての方へ行く。とかく乗り継ぎはわかりにくい。・・・

途中で追いつけなければ下りもひとりかな、などと考えていましたが、頂上で出合えてほっとしました。酒飲みの長ッ尻も、ぐあいのよい時がある。渡し舟は予定外でしたが、新緑と川風が良い気分で、もっと乗っていたいぐらいでした。楽しい山をありがとうございました。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年5月 6日 (金) 10時06分

お疲れ様でした!
天気にも恵まれ、暑くもなく寒くもなくちょうどよい気候でしたね。アクシデント?があったにもかかわらず、のんびりとした山歩きが出来て楽しかったです。これで温泉もあれば…。 我々には登って下って4時間くらいの行程がちょうどいいんでしょうかね。

写真受け取りました。帰省中のため私のほうからはのちほどお送りします。

投稿: vagabond-k | 2011年5月 6日 (金) 13時45分

温泉用の着替えも用意していったのですが、そこまでは贅沢すぎるでしょう。これぐらいでちょうど良かったです。これからは低山徘徊をもっぱら楽しみましょう。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年5月 6日 (金) 18時04分

すごいですね。
アクセスが。私が開けたときは77600代でしたので、ひそかに77,777のラッキーナンバーを狙ったのに、もう超えてしまったよ!
どなたが獲得したのかお分かりになりますか。

投稿: 川崎の酒仙 | 2011年5月 6日 (金) 22時39分

息子によると、アクセスした人のIPアドレスまではわかるそうですが、酔仙は調べ方がわかりません。(^_^;)

3.11以降、アクセス数が急増しました。ブログつながりのネット友達の間で、やりとりが増えたせいでしょうか。ラッキーセブンがそろったら景品を用意した方がいいかな、と考えているうちに早くもオーバーしてしまいました。次の目標は末広がりの88888でしょうか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年5月 7日 (土) 07時35分

震災の後初めての山行でしたが 皆さん無事でなによりでした。それぞれの思いのあった一カ月半の事 いろいろ聞けて良かったです  山頂で仙酔さんを待つ間に地酒は底をつきました、美味しかったんですよぅ 残念でしたぁ~  D長老の早い回復を願っております。   

投稿: 川越の仁 | 2011年5月 7日 (土) 22時36分

旨い地酒もあったんですか。残念なことをした。でも、他のお酒も充分いただいたし、何よりも、久しぶりで皆の顔を見られたことがなによりでした。この次も元気に顔を合わせたいものです。年をとったら、転ばないことが第一と、最近痛感しています。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年5月 8日 (日) 14時35分

GPM Racing #TC4048-B Aluminium Steering Assembly With Bronze Collars - 4Pcs Set Blue for ASSOCIATED TC4

投稿: rc models | 2019年11月27日 (水) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山065:石老山は、相模湖を見下ろして頂上で握手:

« 印052:やっと今日から許我篆刻会展が | トップページ | 遊125:WEBサライの招待で岐阜九蔵の酒を呑む »