« 印053:戈壁石あらため萌古石、4顆を試刀した。石質は中庸か。 | トップページ | 印054:萌古石をどっと取り寄せ »

2011年5月15日 (日)

山066:吾妻耶山はキクザキイチゲの花盛り

昨14日(土)は、町内の山の会で、群馬の吾妻耶山へ。「あずまや」山は全国にいくつもあるが、秩父の四阿屋山、長野の四阿屋山と四阿山、は別々の山。

朝6時に集合、23人の参加者で、バスで出発。途中、佐野のSAなどで休憩しながら、登山口の駐車場に到着。天気は晴れ、微風、絶好の山歩き日和。9時に出発して、林の中の車道を少し行くと、モリアオガエル繁殖地の防護柵に囲まれた小さな古沼。名残の山桜の花びらが降りかかる。

20110514_006

車道に戻ってもう少し歩くと、すぐに、標高1000米の標識と、浮島の浮かぶ大峰沼のキャンプ場。↓クリックして、のんびりした春山の風情を。

20110514_01215

ここから山道に入るが、一汗かいた頃、ノルンスキー場の貯水池の脇を抜けて、ゲレンデのリフト乗り場に出る。正面には、しっかりと雪のついた谷川岳が広がる。ゲレンデについたり離れたりしながらの登り道。麓でイベントでもあるのか、スキー場のスピーカーからオルゴールのBGMが流れてくる。ところどころにはまだ雪が残っている。

20110514_024

スキー場の最高所には、「A上級者専用/Bとても難しい/C難しい」のコース案内だけ立っている(笑。登るにつれて、ゴロゴロの岩と明るい林の下には、キクザキイチゲ(菊咲一華)が花盛り。白い花も少し混じっているが、大部分は薄青紫の淡い花色をしていて、春の妖精の名に負けない。

20110514_073

12時を少し過ぎて、吾妻耶山の頂上に着く。六文銭の紋の彫られた、三基の立派な石の祠が目立つ。

20110514_054

雑木の葉がまだ茂っていないので、谷川岳、巻機山、上州武尊と続く残雪の峰々を眺められる。↓これもクリック。

20110514_05153

頂上でゆっくりと昼食を食べている間に、他の登山客のグループもやってくる。持参した氷で飲むウィスキーが旨い。

帰り道は、キクザキイチゲの花を見ながら、尾根伝いに大峰山へ。山頂は印象が薄いが、電波中継塔を幾つか過ぎ、尾根が切れ戸になったところで、急下降と急登。地図では鎖場になっているが、立派な鉄バシゴが付けられている。それにしても長くて急な梯子だ。

20110514_096

まもなく、大峰沼のキャンプ場に下りつき、15:10駐車場のバスに戻りついた。最後の締めは、真沢(さなざわ)の森温泉。山合の棚田を眺めるのんびりした湯の宿。アルカリ性、お肌つるつるのお湯で汗を流して、ビールで打上げ。

20110514_128

後は、車中宴会を続けながら、20:00に無事帰着。天気、花、眺め、お湯、お酒すべてに上機嫌の山行だった。今回も幹事さんに感謝。

|

« 印053:戈壁石あらため萌古石、4顆を試刀した。石質は中庸か。 | トップページ | 印054:萌古石をどっと取り寄せ »

コメント

大峰沼の写真を「のんびりした春山の風情」とはあの場の雰囲気をよく表現していると思います。
結構な眼福山旅、結構な肌福風呂、結構な喉福帰路で結構三昧でしたね。
来月会山行は欠席予定が残念です。
またご一緒しましょう。

投稿: ハヤサキン | 2011年5月15日 (日) 21時44分

健康的な登山が続き、結構なことです。
立派な鉄ばしごは、登山のためのもの
ですか。
酒は本当に美味しいのでしょうが、
飲み過ぎには注意しましょう。
私自身、最近飲み過ぎて、反省しています。

投稿: yone | 2011年5月16日 (月) 09時48分

>結構な眼福山旅・・・・・
本当に今回は文句なしの春山遊山でした。
でも毎回こういう山ばかりではないので
雨風の備えは常に忘れずにいましょう。

>飲み過ぎには注意しましょう。・・・
ドキッ。先月の花見酒でコケたことを
言われているのかな。「年をとったら
走るな転ぶな義理を欠け」という諺に
「呑み過ぎるな」も加えましょう。
適量なら、百薬の長です。(^_^;)

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年5月16日 (月) 11時03分

天気も良くて、谷川岳の眺望が最高ですね。富士山もそうですが、ちょっと雪が残ってる姿のほうがいいような気がします。

投稿: vagabond-k | 2011年5月17日 (火) 21時01分

歩いているコースは千米以上でも汗ばむ春山でしたが、谷川、巻機と続く峰々はしっかりと残雪がかぶっていました。雪の残る山の眺めというのはいいものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年5月17日 (火) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山066:吾妻耶山はキクザキイチゲの花盛り:

« 印053:戈壁石あらため萌古石、4顆を試刀した。石質は中庸か。 | トップページ | 印054:萌古石をどっと取り寄せ »