« 路196:あわれ花びらながれ | トップページ | 本104:宗像教授異考録(星野之宣)が第15集で完結 »

2011年4月24日 (日)

遊124:雨ニモマケズ、浅草を飲む

昨23日は、同期の仲間四人の会で、浅草に集まった。よほど普段の行いが悪かったか、天気は曇ったり降ったり、時々驟雨。(T_T)

雷門下で集まったら、たまたま結婚式の後の人力車での行列を見物できた。それから、まずは神谷バーへ。11時半の開店待ちの客の列だったが、2階のレストランは空いていた。ここはやはり「電気ブラン」とビールで一杯。

20110423_006

20110423_007

仲見世から浅草寺へは、震災自粛とはいいながら雨の中でもそれなりの人出。

20110423_015

20110423_033

雨を避けながら、「浅草寺大絵馬寺宝展と庭園拝観」へ。大絵馬は、江戸から明治にかけての大作が並び、保存も良くて、結構な見ごたえがある。すぐそばまで寄って細部まで見られるのがいい。伝法院の庭園は、さほど広くは無いがよく手入れされている。書院の廊下は庭に面して柱が一本も無く、軒先を裏の天秤で支える構造だろう。180度のぜいたくな景観の一部を、クリックしてどうぞ。↓

20110423_02021

特別展なので、次はいつ見られるかわからない。興味のある方は、4月28日までにお急ぎ下さい。→http://www.senso-ji.jp/info/index.html

雨がひどければお風呂にしようと、タオルも用意してきたが、浅草観音温泉は割愛して通り過ぎる。ちょっと喫茶店で一服してから、東京電力のテプコ浅草館へ行ってみたが、震災のため休館中。そりゃそうだろうなあ。

少し早いが、伝法院通りの「とん平」へ。ホッピーとキムチ豚肉煮込みが辛くて美味いので汗が出る。

20110423_042

雨の合間を縫って、浅草神社から待乳山聖天へ。今年は三社祭も浅草サンバも自粛になったという。それではますます不景気に輪をかけるだけだと思うのだがなあ。

待乳山聖天は、隅田川のそば、境内は高さ10メートルほどの小山。今はまわりに家やビルが建て込んでいるが、昔は川を見下ろす、気持ちの良い景色だったのだろう。

20110423_050

最後は、浅草地下街の、佐渡の料理と酒「だっちゃ」で仕上げ。佐渡の日本酒も美味い。肴にはカワハギの刺身の肝和えがうまかった。

20110423_057

雨には降られたが、浅草を歩いて、おいしい酒を飲めた。みなさんありがとう。次回幹事は、七月の梅雨明け頃にクマさんよろしくお願いします。

|

« 路196:あわれ花びらながれ | トップページ | 本104:宗像教授異考録(星野之宣)が第15集で完結 »

コメント

浅草浅草寺の大絵馬展と伝法院庭園拝観をメインに雨の浅草を、ゆっくりと楽しませていただきました。酔仙幹事さん、ありがとうございました。神谷バーのランチも、地下街のちっちゃな佐渡料理のお店・「だっちゃ」のさかなと佐渡の日本酒も、美味しくいただきましたよ。美味しい料理と酒、友とのくつろいだ会話は、やはり最高な喜びですね。

投稿: 練馬太郎 | 2011年4月24日 (日) 21時44分

わぁ・・・こういう風に歩き回ってちょいちょいタラタラと美味しいものを
食べたり呑んだりするのって・・・すっごく楽しそうです。
私も高校同期の女トモダチと時々ランチはするけど、こんなんじゃないわ。
血中オヤジ度が高いせいか、うらやましくてたまりません。
でもまぁ、お酒、あんまり強くないから2軒目でダウンかも。。

投稿: ぷうぷう | 2011年4月24日 (日) 22時23分

酒と料理の店をまわりながら、名所巡り
というのがよかった。雨も悪くは無い。
もう一軒まわったりすると、コケてケガ
したりするので、半日に3軒でちょうど
よかったようです。
酒と料理と歓談、ついでに歴史巡りを
続けたいですね。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年4月25日 (月) 11時27分

昼前から出掛けて3軒とは、凄い。
いつか神谷バーで電気ブランを飲んで
みたいと思います。
昨晩私も、カワハギの刺身を、肝あえ
の醤油につけて食べたばかりです。
美味かったですね。

投稿: yone | 2011年4月25日 (月) 13時11分

偶然の一致とは言いながら、カワハギの
肝和え、おいしかったです。今年は日本
各地でお祭りの自粛が続いていますが
お祭りyoneさんとしては辛いところでしょう。
しばらく呑み屋巡りに衣替えしますか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年4月25日 (月) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊124:雨ニモマケズ、浅草を飲む:

« 路196:あわれ花びらながれ | トップページ | 本104:宗像教授異考録(星野之宣)が第15集で完結 »