« 印046:倣若冲象図 | トップページ | 印047:篆刻工房希夷斎の大心歳印存を入手 »

2011年3月17日 (木)

雑211:地震の余波(2)

震災から7日目。ガソリンスタンドは売り切れとなって閉店中。まあ、買いだめとはいっても、車のタンク以上には溜められないのだし、数日たてば収まるだろう。灯油をとりあえず一缶だけ買ってきた。

20110316gs001

テレビでは、原発にヘリで水をかけている映像が報道されている。申し訳ないが、「焼け石に水」とか、「二階から目薬」とかを連想してしまった。地上からは放水車での水かけも。デモ制圧の「暴力装置」が妙なところで出番。

初めての計画停電が、当家の団地でも夜の2時間ばかり実施され、親子3人が一間に集まって過ごした。少しは不便を忍ばないと、被災者に申し訳ない。こういうときには、山歩き用のLEDランプやろうそくなどが役に立った。停電中に外に出てみると、満月に近い月がとっても明るく道を照らしていたが、それにしても寒い。寒波の中の避難所での生活は大変だろう。

|

« 印046:倣若冲象図 | トップページ | 印047:篆刻工房希夷斎の大心歳印存を入手 »

コメント

仙台ではドラックストア、コンビニ、NTT…。行列が常態化してきました。山形に向かうバスも同様です。ガソリンの給油には7
、8時間待ちは普通です。今夜も雪が凍結するなかで何キロもの車列ができています。初日は停電で車内で過ごしました。山で使ったヘッドライトが役立ちました。水は本日17日に出ることを確認しました。仙台市内でも恵まれた環境にあります。湯はガスを使っているためにでません。贅沢はできません。炊飯器は使えます。2合を早速炊いて食べました。米粒の甘いこと。冷蔵庫から飛び出して割れた卵などをようやく拭き取りました。水はありがたい。電子レンジは完全に破壊されました。

投稿: 竹内信 | 2011年3月17日 (木) 23時21分

やはり暗闇の停電はまだ慣れないせいかちょっと不安ですね。
6階から見下ろした暗い街並みは異様な感じですが月明かりがありがたかったです。
家の周りは年度末恒例の道路工事で道路や歩道が掘り返されていて暗い中歩いたり自転車に乗るのは非常に危険です。最近はバッグの中にいつもLEDヘッドランプを忍ばせています。

投稿: vagabond-k | 2011年3月18日 (金) 00時18分

仙台のシンサンも無事でなによりです。
>ガソリンの給油には7、8時間待ちは普通です。・・・
埼玉もガソリン不足ですが、買いだめが主な原因なので、
数日中には解消するでしょう。被災地の方々へ早く
燃料・食料を届けてあげたいのですが、道路や交通の
回復が遅いのにいらだちます。

>暗闇の停電はまだ慣れないせいか・・・
我々世代は戦後の停電時代の経験があるので、
さほどには戸惑いませんが、日常いかに電気や石油に
頼っていたかを痛感します。そのしっぺ返しが原発事故
というわけです。
山の道具は、そのまま防災グッズになるということも
実証されました。(^_^;)

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年3月18日 (金) 01時47分

ガソリンスタンドでの渋滞は、富士川
IC辺りから酷くなり、海老名IC
では長蛇の列となっていました。

当分の間、遠出は控え、近所では従来通り
、万歩達成のため歩きます。

京都では、殆ど外人が利用するドーミ
トリーという安宿が、東から流れてきた
外人で満杯だそうです。

投稿: yone | 2011年3月18日 (金) 10時51分

>ガソリンスタンドでの渋滞は・・・・
日本全体としては供給は足りているということなので、
当面は、歩けるところは歩くようにしましょう。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年3月18日 (金) 23時19分

20日になっても相変わらずの給油待ち。午後開店との情報を聞きつけて、朝から並び、すでに加須-幸手線、ついに荒宿交差点まで巻き込んでいる様子。東武線踏切を超えると道の狭さもあって、渋滞だか、給油待ちだかわからない。交差点では割込が度々発生、口論が絶えない様子。

投稿: ハヤサキン | 2011年3月20日 (日) 14時17分

個々人が最適と思う行動をとると、全体としては
不適当な結果を招く、という実例です。生産量は
確保されているし、買いだめするにしても車の
タンク以上には買えないのだから、早晩復旧する
はずです。当家は、自転車や徒歩で用を足しながら、
しばらく様子見です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年3月20日 (日) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑211:地震の余波(2):

« 印046:倣若冲象図 | トップページ | 印047:篆刻工房希夷斎の大心歳印存を入手 »