« 雑211:地震の余波(2) | トップページ | 路191:拾った木の実 »

2011年3月19日 (土)

印047:篆刻工房希夷斎の大心歳印存を入手

ブログつながりの「篆刻工房・希夷斎」で、東北大震災チャリティの印譜販売、一部¥5000を行うというのを見たので、さっそく申し込んだ。募金と印譜の一石二鳥。(>_<)\ボキャッ

折り返し今日届いたのがこちら。大心歳=大震災、の意である。

20110318_001

蠅頭印、つまりミクロ超絶技巧の細密印の特集ということで、冊子自体も 6×10cmの袖珍本。

印影は、例えば、「物新人舊」が 7.5×7.5mm.

20110318_003

「寤寐求之」も 7.5×7.5mm.

20110318_005

「雑魚」に至っては、4.5×4.5mm.

20110318_007_2

いやあ、これはこれは。超絶技巧があれば誰でも印を彫れるというわけではないが、ここまで細密にしても、印の力がまったく変わっていないというところが凄い。酔仙はあと10年がんばっても彫れない。でも、彫ってみたいような気もする。

募金をしたい and/or こんな印譜が欲しい、という方はこちらへ。↓

篆刻工房希夷斎

3/24 追記。

申し込み17名で締め切って、計85000円を赤十字社の義捐金口座に振り込んだとの記事がアップされた。↓

http://green.ap.teacup.com/762783/212.html

印譜を篆刻教室で見せて自慢しようと思っていたが、地震のために次回の教室も篆刻会展も延期になってしまった。(笑

|

« 雑211:地震の余波(2) | トップページ | 路191:拾った木の実 »

コメント

こりゃまた繊細な美しい印影ですね。
象印(ポットか?)もなかなかよかったですよ。
身辺ザワザワしていませんか?
私は知り合いが送ってくる、冷静で楽観的なブログ記事その他(ex.池田信夫)を
読んだり、宝塚歌劇に行ったり、絵を描いたりで過ごしております。
明日は桂文珍落語会です。これって・・・ いいんですよね。。

投稿: ぷうぷう | 2011年3月19日 (土) 17時40分

池田信夫、Who? ちょっとブログを覗いてみました。
冷静といえばいえるかなあ。
宝塚に文珍ですか。まあ、関西なのだから
いいんじゃないですか。あんまり、自粛して
ばかりじゃねえ。

今回の事故があったから言うのではないが、
エネルギー源を原発に求めるのは、やっぱり
危ないんじゃなかろうか。例え事故がなくても、
使用済みの核燃料とか、廃炉後の処分も問題だし。
潮流とか、太陽光とか、原発並みの開発費用を
注げば、他のクリーンエネルギーも利用可能に
なると思うのだが。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年3月20日 (日) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印047:篆刻工房希夷斎の大心歳印存を入手:

« 雑211:地震の余波(2) | トップページ | 路191:拾った木の実 »