« 雑204:今朝の雪 | トップページ | 遊120:帰省(1)長浜の市内を歩く »

2011年2月20日 (日)

山063:雨巻山は里山でもあなどれない

昨19日(土)は、町内の山の会で栃木の雨巻山への山行。参加者25名、6:35にバスで出発。巨大狸の焼物が立つ益子の町を抜けて、大川戸の駐車場に到着。9:00には歩き始める。

20110219_007

青空に風も無く、絶好の山歩き日和。夜は冷え込むのか、枯草から霜のリボンがのびている。

20110219_005

コース全体は、扇の要から出て、扇の縁を右回りに登ったり下ったりを繰り返して、元にもどってくる感じである。最初は御嶽山への沢沿いの登りコース。所により水の流れ落ちる岩沢や鎖場もあるが、問題なく通過。

20110219_012

稜線に出ると、雑木の林に冬日の明るい道が続く。足尾山はうっかり通り過ぎそうな小ピーク。御嶽山からは麓の眺めが広がる。右奥の小さな山は芳賀富士だという。

20110219_023

登り標高差100メートルの、猪(しし)転げ坂はさすがの急登だが、ジグザグの道が歩きやすく作られているので一気に登りきる。春にはまだ早いので、稜線に若葉や花は見られないが、木陰に紅い実を見つけた。

20110219_036

11:30に雨巻山533.3Mに到着。ここからの眺めもいい。パンフレットやノートの入った箱には、「野良犬に餌をやらないでください」との注意が・・・・。気温は6℃だが、寒くは無い。

20110219_053

今日の昼食は、クラッカーにチーズ、生ハム、クルミをのせて、ホットワインで。

20110219_042

お腹をふくらせて、ゆっくり休んだら、さてまた稜線歩きのコースへ。

20110219_060

上り下りを繰り返して、13:05三登矢山に着く。ここからはもう下るだけ。

20110219_072

13:50出発点の大川戸駐車場に帰り着く。半日でけっこう歩いたな。途中で山岳マラソンの若いお兄さんと4度行き違った。同じ顔である。つまり、このコースを4周走り続けているのか、とびっくり。(@_@;)

20110219_073

帰り道は、芳賀ロマンの湯で、のんびり汗を流して、缶ビールで宴会。お土産も買って、18:30には帰宅。好天に恵まれて、まずは余裕の山行だった。今回リーダーのHさんにお世話になりました。また次の山行もよろしく。

2/20 追記。メアドのわかる先へは、顔写真を「宅ふぁいる便」でお送りしました。他にご希望の方は、酔仙宛にEメールでリクエストしてください。

|

« 雑204:今朝の雪 | トップページ | 遊120:帰省(1)長浜の市内を歩く »

コメント

霜のリボンが綺麗です。
猪転げ坂という名称は、初めて聞きました。
「野良犬に餌や・・・をあげないで下
さい。」というのは、動物愛護言葉
なんですかね。
ホットワインはどんな味ですか。
兎に角、ほっと出来そうですね。

投稿: yone | 2011年2月20日 (日) 21時53分

>動物愛護言葉なんですかね。・・・
いやいや、単なる排除の論理でしょう。
「汚い犬がめざわりだ」とか、「落葉が
じゃまだから街路樹を切れ」とかいう
そんなたぐいのことです。

ほっとワインは、この時季の山行には
似合います。でも、間違っても高級な
ワインでは試さないように。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年2月21日 (月) 08時45分

天気もよくて最高ですね。

投稿: vagabond-k | 2011年2月22日 (火) 23時16分

やはり天気に恵まれるのが何よりです。
曇り空や、寒風のなかはしんどいです。
雨やみぞれは?もちろん、その場合は
ふもとで温泉旅行に切り替えます。(^_^;)

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年2月23日 (水) 02時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山063:雨巻山は里山でもあなどれない:

« 雑204:今朝の雪 | トップページ | 遊120:帰省(1)長浜の市内を歩く »