« 印042:張大順先生 | トップページ | 路186:らき☆すた が流行りだという »

2011年2月14日 (月)

印043:「胡仙」印1顆と先生の作品

古河の篆刻教室も半年近くとなり、3月には教室の展示会も迫っているが、酔仙は、印稿と習字のあたりで行ったり来たりするばかり。間に合うのかな。それでも、作品の名前の下には何か押印しなければならない。

雅号は、「酔胡」や「酔仙」ではちょっとなんだから、「胡仙」にしてみた。聊斎志異などで、胡は狐に通じるという。漢籍では狸はあまり出てこないから、キツネの仙人ぐらいでいいかもしれない。

20110213

24×24mm.

彫りながら、石がパリパリと割れていくので困ったが、割れるがままにした。

こちらは、「年賀状代わりに」、と教室の市川両遷先生にいただいた色紙。「寿無涯」とある。さすがにプロの腕だなあ。20×20mm.

20110213_2

201102132 ........Orz

|

« 印042:張大順先生 | トップページ | 路186:らき☆すた が流行りだという »

コメント

たぬきの仙人ちゅうのがあったらいいのにねぇ。。。。
新しいハンコは、(正しい言葉なのかどうか、わかりませんが)
"高雅"とか"古雅"とか云いたくなる感じィ?
キリッとして、かつ床しい趣があるような<=勝手に云うてるだけ。
市川センセのはノーコメントです。

投稿: ぷうぷう | 2011年2月14日 (月) 23時06分

狐狸庵さんは既にいらっしゃるので、取りあえずは
キツネあたりでよろしいかと。
24×24mm(8分角)だとちょっと大きめなので、後いくつか
サイズを変えて彫っておく必要がありそうです。
センセイの出来をどうこういうのは恐れ多いです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年2月15日 (火) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印043:「胡仙」印1顆と先生の作品:

« 印042:張大順先生 | トップページ | 路186:らき☆すた が流行りだという »