« 雑191:まさかの白鵬が・・・・ | トップページ | 雑192:金時鐘氏と在日 »

2010年11月17日 (水)

路168:どんな犬なんだろうか

時雨のぱらつく中、ウォーキングに出かける。東鷲宮百観音温泉を通りかかると、温泉自動販売のスタンドが。30リットル100円は安いなあ。我が家でもはいってみたいが、塩湯なので、風呂釜をいためやすいのが難。

20101117006

で、道路をはさんだ、温泉の所有者S家の勝手口に、こんな貼り紙が。

20101117008

猛犬が出動中なんだろうか、言いたいことはわかるが。もちろん、へいの向こうは猛犬が走り回れる広い広い敷地。

|

« 雑191:まさかの白鵬が・・・・ | トップページ | 雑192:金時鐘氏と在日 »

コメント

購入量は30Lとは限りませんが、30Lの場合、どないするんでしょうね。
また風呂の場合には、30Lで足りるんですか。
私も酔仙さんと一緒に、あの湯に漬かりましたから、気にはなりますよ。
モウドウケンは傑作です。
此れは結構、受けるかも知れませんな。

投稿: yone | 2010年11月17日 (水) 22時36分

源泉が古代の海水で濃いですから、30リットルを
薄めても、そこいらの水増し温泉よりもずっと温泉
らしいです。そういえば、昔々、六一〇ハップ
(ムトウハップ)という入浴剤をよく使っていました。
硫化水素自殺流行のあおりで2008年に販売自粛となり、
そのまま製造されなくなったとのことです。キャップ
一杯の茶色の液体をまぜると一瞬で白く濁って
硫黄の匂いが立ち上がったのを懐かしく思い出します。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年11月18日 (木) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路168:どんな犬なんだろうか:

« 雑191:まさかの白鵬が・・・・ | トップページ | 雑192:金時鐘氏と在日 »