« 雑180:ことしのサツマイモ | トップページ | 山057:旧○○○山岳会の解散総会 »

2010年9月21日 (火)

山056:美ヶ原を歩けば秋風が立つ

もうひとつの山の会、9月の一泊山行は、18人で信州の美ヶ原へ。えっと、山行というか、観光というか、とにかく気楽に歩けるコースというので、酔仙も、登山靴無しで、ウォーキングシューズだけの軽装。

19日新宿駅7:30のあずさ3号で合流。車内はけっこう混んでいたが、幸い席に座れて、はやくも缶ビールでごぶさたの挨拶。松本駅からマイクロバスで、2,000mの高原へと登ってゆく。11時半過ぎに高原売店前の駐車場に到着。まず、王ヶ鼻へ向かう。牧場の入口には、時節がらこんな注意が。

20100919004

王ヶ鼻の岩の縁からは、足元に松本の町を見下ろし、アルプスを眺める絶景。↓ここはクリックしてパノラマを。

2010091901617

山上に広がる牧場は日本離れした風景。夏山の花も少し咲き残っていた。これは梅鉢草、それから松虫草。

20100919029_2 20100920018

それでも、風はすっかり秋色、すすきの穂には秋の雲。

20100919025 

電波中継塔の立ち並ぶ王ヶ頭を経て、美しの塔を見下ろしながら昼食。点々と見える茶色いのはみんな牧場の牛。

20100919055

背景は八ヶ岳連峰の蓼科山。

20100919043

さて、美しの塔から少し歩けば、今日の宿の美ヶ原高原ホテル山本小屋。

20100920009

ちょっと古びてはいるが、山小屋ではなくホテル。この高原開拓の草分けとのこと。展望風呂からは広々とした牧場の向こうに八ヶ岳連峰を一目に眺められる。一休みしてから、約半数の日帰り組みは、タクシーで松本へ下山。

夕食は、ジンギスカン焼きに馬刺し、その他盛りだくさん。

20100919071

翌20日、朝風呂の後、朝食は、パンに玉子焼き、サラダ、ヨーグルトなど々々で、満腹。

20100920001

二日目は、リュックを宿に預けて、牛伏山から美ケ原高原美術館へ。風は寒いが、雲が切れて、牛伏山からは北アルプスの槍、穂高もはっきり展望できた。美術館には、いくつかの建物と野外の彫刻が立ち並んでいる。その中では、雀を大砲で撃つ、という作品が面白かったが、さて抽象芸術となると・・・・すみません、ほとんどわかりませんでした。

20100920029

広い敷地なので、一時間かかってやっと半分を廻れただけ。引き返して、ホテルのマイクロバスで松本駅の前まで送ってもらう。駅前の榑木屋できのこそばの昼食にビール。

20100920044

久しぶりの松本だから、お城見物でも、と思っていたが、さすがに皆疲れたか、早めに切り上げて帰宅することになった。あずさ号の車中、残った酒も空けて、楽しい山行もお開きに。

Ⅰ幹事さんに感謝。さて来月は尾瀬行きか。足を慣らしておかなければ。

|

« 雑180:ことしのサツマイモ | トップページ | 山057:旧○○○山岳会の解散総会 »

コメント

美ケ原は百名山にえらばれていますよね。
深田久弥がなぜ百名山に選んだのかは知りませんが、山は登るのでなく歩く山もありのだと実感いたしました。
ともあれこの広さと高さと眺めは圧感でしたね。
高原にしては花が少なく花博士の酔仙さんの
出番も少なく、物足りなかったのではないですか。花の知識は尾瀬で発揮してください。
又、山の歌の歌集まで作ってくださったのに、まったく歌う機会もありませんでしたね。どこかで歌いましょう。
お疲れ様でした。

投稿: 川崎の酒仙 | 2010年9月22日 (水) 10時40分

パノラマ写真に感激! 
私も山に行って見てきたように感じられます。山頂の人の姿も同時に写っているせいで臨場感がプラスされるのですかね。
おいしい山の空気もパノラマ写真から吸わせてもらいました! 尾瀬に行くのでしたら、またパノラマ写真をお願いします。
 

投稿: ネリ太郎 | 2010年9月22日 (水) 12時44分

>山の歌の歌集まで作ってくださったのに
>
作った本人が、飯・酒・風呂で早々に眠ってしまいました。
歌集は来月の尾瀬にご持参下さい。じっくりと唄いましょう。

>パノラマ写真に感激! 
>
昔は出来た写真を糊と鋏で貼り合せていましたが、今では
デジカメとパソコンで、誰でも簡単にパノラマ写真ができます。
それでも、美ケ原の360度の展望はなかなか伝えきれません。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年9月22日 (水) 14時57分

牧草が青々と育っていて、いい肉(乳)
質の牛が育つことでしょう。
中央アジアの堅い肉には往生しました。
馬刺しにニンニク、、、涎が出て来そう
ですね。
今年は、8月には13回、9月は12日
までに9回テニスしましたが、毎晩の
水炊きに入れたニンニクのお陰ではないか、
と考えています。

投稿: yone | 2010年9月22日 (水) 22時31分

モンゴルの直営牧場で育った馬刺し、とか
オージービーフの短角和牛霜降り、とか。
食の世界もすっかりグローバル化してます。
こちらは、夏中の運動不足のつけで、元の
生活サイクルに戻すのに苦労しています。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年9月22日 (水) 23時24分

天気も良くて、たくさんの参加者の皆さんと共に楽しんだのではないでしょうか。

私は北海道へ出かけていて残念ながら不参加でした。北海道は昨日22日より急に冷え込んで今日23日はなんと8℃。10月中ごろの気温だそうです。こちらの真夏日のニュースを聞き覚悟をして帰ってきたら、こちらも肌寒いじゃないですか。

暑い暑い今年も着実に秋→冬に向かっているのですね。

投稿: vagabond-k | 2010年9月23日 (木) 17時39分

それにしても今年の夏は暑かったです。
北海道はどちらでしたか。
酔仙はまだ北海道に行った事がありません。
自分の足で歩けるうちに、一度は行きたい
ものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年9月30日 (木) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山056:美ヶ原を歩けば秋風が立つ:

« 雑180:ことしのサツマイモ | トップページ | 山057:旧○○○山岳会の解散総会 »