« 遊097:真壁の町で奉安殿を見つけてビックリ | トップページ | 山048:大菩薩峠は霧氷と雪化粧のなか »

2010年4月23日 (金)

印032:御礼物の印を二顆

お世話になった先へ、御礼物として二顆を彫った。

Sさんへ。篆字一字ではさびしいので、枠を太くして水玉?を散らしてみた。特に意味は無いのだが。14×14mm.

20100423

Nさんへは、趣向を変えてTNの頭文字で洋風に。小印だが、石には、曲線が意外と彫りづらい。11×10mm.

20100423tn

20100423_3

|

« 遊097:真壁の町で奉安殿を見つけてビックリ | トップページ | 山048:大菩薩峠は霧氷と雪化粧のなか »

コメント

ハンコの記事には思わず反応。どちらもセンスが若々しくてステキです。
特に水玉を散らしたハンコはその不規則な散らばらし具合が絶妙ですぅ。

投稿: ぷうぷう | 2010年4月30日 (金) 23時35分

「撃辺」といって、ハンコの縁を叩いて欠けを作る、もしくは
欠けたようにわざわざ彫るという技法もあるのですが、あまり
わざとらしいのは好みではないので。
え、水玉模様のほうがわざとらしいと?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年5月 1日 (土) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印032:御礼物の印を二顆:

« 遊097:真壁の町で奉安殿を見つけてビックリ | トップページ | 山048:大菩薩峠は霧氷と雪化粧のなか »