« 巡002:秩父札所日帰り巡礼、今日は八番からスタート | トップページ | 山040:荒船山は、霧の中に手向けの花が »

2009年10月22日 (木)

雑142:天風の濃厚ラーメン(続)

HW駅近くの「天風」ラーメン。前回は「徳丸」を食したので、今日は、濃厚つけ麺「徳つけ」を味わう。今回もまた7,8人の客待ち。店の人は二人だけ、店内には空いた席もあるのだが、外で待つ客も人寄せのうちか。ただ、どこからか漂うドブ臭は問題だな。

20091022001 20091022002

徳つけ(小)、麺200g \650 を注文する。特大500gというのは、誰が注文するのだろうか?

20091022004

麺が太い。ここまで来ると、細めのうどんと変わらない。つけだれはますます濃厚ななかに、チャーシューとメンマが沈んでいる。ダシの魚の身を濾さずにそのままほぐしたのか、だしといっしょになってどろりとしている。今日はだし汁を飲み残したが、慣れればくせになりそうだ。ごちそうさまでした。

高血圧,高脂血の方にはちょっと勧めにくいかも。

|

« 巡002:秩父札所日帰り巡礼、今日は八番からスタート | トップページ | 山040:荒船山は、霧の中に手向けの花が »

コメント

つけ麺には若い客が来る味だと思いました。
複雑味が流行りですので。
つけの方がなぜ麺量が多いのかは謎です。

投稿: | 2009年11月 3日 (火) 11時35分

年寄りにはちょっと濃厚な味ですね。
つけ麺にはラーメンの汁が無い分だけ、麺を多くしているのでしょうか。酔仙は、小200gで腹に足りました。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2009年11月 3日 (火) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑142:天風の濃厚ラーメン(続):

« 巡002:秩父札所日帰り巡礼、今日は八番からスタート | トップページ | 山040:荒船山は、霧の中に手向けの花が »