« 路154:秋のパンパスグラス | トップページ | 雑142:天風の濃厚ラーメン(続) »

2009年10月22日 (木)

巡002:秩父札所日帰り巡礼、今日は八番からスタート

今日21日は、天気も良いので、先週に続いて、二度目の日帰り巡礼。秩父鉄道御花畑駅で西武に乗り換えて、一駅先の横瀬駅からスタート。

第八番清泰山西善寺。小さな山門をくぐって、境内を覆う巨大な楓の老樹にびっくり。樹齢600年の天然記念物、コミネモミジ、盛り上がるような樹勢の青葉である。もう少したてば、見事な紅葉になるだろう。写真をつないでやっとおさめたので、↓クリックしてどうぞ。

「20091021023026.JPG」をダウンロード

境内の手入れも行き届いていて、苔むした石仏のたたずまいが良い。

20091021031 200910211588

第六番向陽山卜雲寺。秋明菊のあいだに六地蔵。石段の真向かいは武甲山。

20091021048 200910211566

第七番青苔山法長寺。牛伏堂の由来のかわいい石像によだれかけ。

20091021057  200910211577

寺を出た道端には、馬頭観音の石碑が並ぶ。

20091021064

第九番明星山明智寺、六角のお堂。境内には文塚の祠。

20091021072 200910211599

路傍のコスモスや千日紅の花を楽しみながら、いったん横瀬駅まで戻って、おむすびで昼食。

20091021079

第十一番南石山常楽寺。石段の下はただいま工事中。このあたりから、羊山公園の下をまわって、道は秩父市内にはいっていく。

20091021093 2009102116011

ちょっと寄り道して、秩父成田山。急な石段に沿っているのは、モノレール。でも、参詣人は見当たらなかった。

20091021094

第十二番仏道山野坂寺。たまたま団体さんにくっついて説明を聞く。地元の鉄工所のオヤジさんが仏師に目覚めて彫りまくり、蔵いっぱいの13佛まで残してしまった。写真は山門のなか。こんな感じの仏像や特大の牛の像がいっぱい。山門には千社札貼りまくり。境内はなぜか蓮の水鉢が羅列という、かなり楽しい(^_^;)お寺でした。

20091021104 2009102116112

第十三番旗下山慈眼寺。お堂の前に、大きな桜の樹がぽっつり。隣は幼稚園。納経所では、おじさんおばさんたちが楽しく茶飲みばなし中。

20091021118 2009102116213

第十四番長岳山今宮坊。おっと、その前に今宮「神社」におまいりする。ここは神仏習合を色濃く残しているようだ。大きな洞を抱えた欅のご神木。八大竜王の幟。若い神職から丁寧な説明をいただき、御神水を汲む。

20091021134 2009102116314

お寺は、近くの今宮「坊」である。昔は神仏ひっくるめての広大な境内だったという。廃仏毀釈は、日本近代史における一大損失であった。

20091021138 2009102116414

秋の陽も傾いてきた。今回は秩父神社の社前を片手拝みに通り抜けて、今日の打ち止めへ。

第十五番母巣山少林寺。漆喰塗りこめの本堂が特異。寺の石段の下はすぐ踏み切り。

20091021149 2009102116515

秩父駅にもどり、車中、「秩父錦」の冷やを飲みながら、帰宅の途につく。今回も好天に恵まれて、順調に十五番まで打つことができた。

ただいま、44% (^_^;)V。

|

« 路154:秋のパンパスグラス | トップページ | 雑142:天風の濃厚ラーメン(続) »

コメント

続けて歩いてますね
だんだん楽しくなってきませんか
残り56%のんびりと
楽しんでください

投稿: 房州や | 2009年10月24日 (土) 12時40分

ここまでくるとはまりますね。日帰りでとっつきやすく始められたのがよかったです。「あともう一番」って、スタンプラリーじゃないんですが。(^_^;)

投稿: 埼玉の酔仙 | 2009年10月25日 (日) 14時32分

お寺は互いに近い距離にあるみたいで。この調子では、後2回位で終わってしまいそうですね。

投稿: yone | 2009年10月30日 (金) 10時49分

いえいえ、30番あたりから、山奥のほうにぱらりぱらり、という配列になっているので、最後が大変なようです。なんとか年内には結願したいものと思っています。乞う御期待。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2009年10月30日 (金) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡002:秩父札所日帰り巡礼、今日は八番からスタート:

« 路154:秋のパンパスグラス | トップページ | 雑142:天風の濃厚ラーメン(続) »