« 雑138:また佐野ラーメンへいってみよう | トップページ | 遊070:野木町のホフマン輪窯は明治の産業遺跡 »

2009年9月27日 (日)

路152:佐野はラーメンだけじゃない、レトロな洋館が2軒も

今日の日曜日、まず佐野ラーメンを食ってから、次は野木のホフマン窯を見にいこう、という予定だったが、途中、佐野の街なかですごい洋館建築に、それもいきなり2軒も、ぶち当たってしまった。

思わず、車を停めて、カメラを構えた。「日本基督教團 佐野教會」、登録有形文化財第09-0063号(文化庁)」の銘板。

20090927016

ペンキのほどよくはがれた下見板が、なんともいえない風味をかもしている。

20090927018

感心しながら、振り向いたら、すぐ近くにもう1軒、やはり味わいのある下見板張りの洋館建築が。

20090927024

現役の「影澤外科院」、かなり風化した木彫の柱頭飾りにもていねいにピンク色のペンキが塗られ、増築の部分も同色に塗られて、違和感がない。正面の”KS”のイニシャルのマークも、お医者さんのシンボル、「アスクレピオスの杖」に似通っていて興味深い。

20090927026

佐野はラーメンと厄除け大師だけじゃない。佐野の深さを感じた発見の日だった。

|

« 雑138:また佐野ラーメンへいってみよう | トップページ | 遊070:野木町のホフマン輪窯は明治の産業遺跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路152:佐野はラーメンだけじゃない、レトロな洋館が2軒も:

« 雑138:また佐野ラーメンへいってみよう | トップページ | 遊070:野木町のホフマン輪窯は明治の産業遺跡 »