« 路151:秋の桜と秋桜 | トップページ | 路152:佐野はラーメンだけじゃない、レトロな洋館が2軒も »

2009年9月27日 (日)

雑138:また佐野ラーメンへいってみよう

というわけで、今日は佐野ラーメンへ行ってみよう。車を走らせて、めざすは、あのキンキラ色彩の「つるり」のラーメン。

20090927006

でも、なぜか、今回もお店はお休み。どうも、今は食堂はやっていなくて、麺のお土産だけらしい。でも、お土産店なら、どうして日曜日がお休み?ともあれ、せっかくきたのだからと、自動販売機のお土産パック、4食分¥1050を買い求める。早ゆで45秒・・・・即席ラーメンよりも早い(~_~;)。

20090927007

で、昼食には、客待ちぞろぞろの「とかの」などは避けて、前回目を付けていた、観光会館横の「佐野ラーメン村」へ入ってみる。小さなお店で、駐車場は1台でいっぱい。

20090927014

醤油ラーメン¥600 + 餃子¥400、追加のコーヒーは¥100 とお得。麺は太目の手もみちじれ風。醤油がちょっと濃いが、汁はさっぱり魚介系。まず伝統的といえる安心の味か。ごちそうさまでした。

20090927010

伝統的な味にすれば、平板といわれる。個性的に作れば、好みがわかれる、といわれる。ラーメンの土俵の中の争いは熾烈である。

さて、つぎはどこのラーメン屋へいってみようか。銀座の「ベトナムラーメン」も健在と聞いたのだが。

|

« 路151:秋の桜と秋桜 | トップページ | 路152:佐野はラーメンだけじゃない、レトロな洋館が2軒も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑138:また佐野ラーメンへいってみよう:

« 路151:秋の桜と秋桜 | トップページ | 路152:佐野はラーメンだけじゃない、レトロな洋館が2軒も »