« 遊065:駅前3分、東鷲宮百観音温泉は自転車ですぐそこ | トップページ | 山035:久しぶりの尾瀬歩き、はじめてのアヤメ平は山上の別天地だった。 »

2009年7月17日 (金)

路148:踏切のそばに石碑が

JR宇都宮線を越えて鷲宮町へ行く踏切からちょっと離れたところを通りかかったら、線路際にかなり大きな石碑があった。「石塚敏雄之碑」とある。

20090717001

気にかかったので、裏面を読んでみると、「昭和7年に自動車の踏切事故で敏雄・榮治の2人が惨死、その後事故が相次ぐのでこの碑を建てた、昭和10年権現堂川村石塚祥云々」とある。やはり、地縛霊の除霊のためなんだろうな。でも、「運転手 榮治」は碑の表では触れられていないし、昭和初期に(多分)自家用車をもっていたというのはどういう家だったのだろうか、などと余分なことも考えてしまった。

|

« 遊065:駅前3分、東鷲宮百観音温泉は自転車ですぐそこ | トップページ | 山035:久しぶりの尾瀬歩き、はじめてのアヤメ平は山上の別天地だった。 »

コメント

サンデー毎日の酔仙さんが羨ましいです!
プロフォットジャーナリストとしますます
腕に磨きがかかってきたようです。

投稿: お茶の水博士 | 2009年7月18日 (土) 22時09分

お茶の水博士からのひさしぶりのカキコミありがとうございます。石になって残っているものは、碑でも印でも、いろいろな想いを呼び起こすものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2009年7月21日 (火) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路148:踏切のそばに石碑が:

« 遊065:駅前3分、東鷲宮百観音温泉は自転車ですぐそこ | トップページ | 山035:久しぶりの尾瀬歩き、はじめてのアヤメ平は山上の別天地だった。 »