« 印014:鳥に「延年」の瓦当文を倣刻する | トップページ | 雑129:畑にひとりばえの野菜が »

2009年7月10日 (金)

路145:道端でちょっと石仏に出会った

用事があって自転車で街の外のたんぼの中の道を走っていたら、石仏を見かけた。文化4年(1807年)銘の如意輪観音像。

20090710006

十九夜講(女人講)により建立されたものとの説明板。建立者名も説明板も同じ小野さん、代々大切に守られてきたものだろう。お顔はちょっとオバサン風だった。

20090710002

|

« 印014:鳥に「延年」の瓦当文を倣刻する | トップページ | 雑129:畑にひとりばえの野菜が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路145:道端でちょっと石仏に出会った:

« 印014:鳥に「延年」の瓦当文を倣刻する | トップページ | 雑129:畑にひとりばえの野菜が »