« 遊066:染付展、神宝展をはしごして、それから神田の「みますや」でいっぱい | トップページ | 遊067:初めてのシネプレックスで、「剣岳点の記」を観る »

2009年7月31日 (金)

山037:登山靴も代替わり

先週の安達太良山、勢至平への下り道で、酔仙の左足の登山靴の底がぱっくりと剥がれてしまった。履きやすくて足首もしっかりしていたので、途中で一度底を貼り替えて10年以上は使っただろうか。さすがに、甲もぼろぼろして、防水もきかなくなっていたので、これで Happy retire となってもらおう。ながらくご苦労様。

20090726059

さて、新しい靴は。今より一ランク軽いものを、と考えてICI石井に出かけたのだが、結局、今より一ランク丈夫な総革物を買ってしまった。(^_^;)

003

「これなら、無雪期の日本中の山に出かけられます。修繕、貼替えも自由ですから、足になじませて、10年以上は使ってください」、という。

さて、新しいので革が硬そうだが、早く履きこなせるかな。この靴に寿命が来る頃には、酔仙も後期高齢者入りか。

|

« 遊066:染付展、神宝展をはしごして、それから神田の「みますや」でいっぱい | トップページ | 遊067:初めてのシネプレックスで、「剣岳点の記」を観る »

コメント

新しい靴買ったんですね。う~ん、ピカピカでカッコいいです!
山の雑誌によく載っていますが、ソールが大丈夫でもミッドソールがダメになるみたいですね。山の中で何度か甲とソールを靴紐でぐるぐるに縛って歩いてる人を見かけたことがありますが、これもたぶんミッドソールがダメになったためソールがはがれたのでしょう。もし自分が…と思うとぞっとします。
新しい靴を手にすると、子供のようにどこかへ行きたくなりませんか? この勢いで北岳はいかがでしょう?山中2泊ののんびり登山ですよ??

投稿: vagabond-k | 2009年8月 1日 (土) 00時57分

登山靴が革製手縫いの時代には、靴底がパックリ、ということはなかったのですが。酔仙も二度、靴底いきなりパックリを経験しました。夏山なら紐とテープでなんとかなりますが、冬山だとちょっと恐ろしいですね。メーカー側でなんとか改善できないものでしょうか。
北岳は今の体力ではちょっと。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2009年8月 2日 (日) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山037:登山靴も代替わり:

« 遊066:染付展、神宝展をはしごして、それから神田の「みますや」でいっぱい | トップページ | 遊067:初めてのシネプレックスで、「剣岳点の記」を観る »