« 雑118:ご近所のスーパー「ひまわり」が閉店 | トップページ | 本062:リンボウ先生の書物探偵帖(林望) »

2009年2月15日 (日)

山033:長瀞アルプスから宝登山への道は春山のようだった

昨14日(土)は町内の山の会で、秩父の長瀞アルプスから宝登山(ほとさん)を歩く。今回は電車山行なので、JR、東武、秩父鉄道と乗り継いで野上駅下車。天気予報は低気圧の日本海通過と春一番の予想、出発時は暗い曇り空だったが、どんどん天気が晴れてきて、駅から歩き出す頃には、4月の春のような陽気になっていた。登山口の南向山萬福密寺の梅も満開。

20090214007

長瀞「アルプス」はちと大げさ。明るい落ち葉の雑木林道をたどる、里山山歩き。昔はそこここの山で炭焼きでもしていたのだろうか。尾根道からは、ずっと奥秩父へと続く山並みが見渡せる。

20090214009

最後は、宝登山山頂直下の急階段の道。「毒キノコ注意」「クマ注意」の立て札。

20090214014

里山の人の足でできた山道と違って、役人の作る階段は歩きづらい。結局ほとんどの登山者は階段から離れて人の足に合った道を踏んで造ってしまう。

20090214020

標高差160Mを上がりきると、山頂からは目の前にロウバイの花と、眼下の長瀞を見下ろす。日向は暑いから木陰でお昼にしましょう、というほどの暖かい天気。今日の酔仙は、コンビニのおむすびと、春雨スープに赤ワイン。

奥宮は、山頂から隠れた林の中にある。社前には狛犬ではなくて、山犬(狼)の石像。ここにもまた、山に暮らした人々の信仰の一端が見られる。

20090214032

ロウバイ園はまだ盛りを過ぎていなかった。満開の花から香りが漂う。空の青と透き通った黄色の対比がきれいだ。

20090214036

ロウバイ園の下には梅園の紅白も咲いている。その下には秩父の町並みと長瀞の流れ。人出もなかなか多い。

20090214049

下山は車道沿いに。以前来たときにくらべ、道のまわりの伐採が進んでいるようだ。盆地を見下ろす眺めはずいぶん良くなったが。

20090214jpg_2

帰りの温泉は、長瀞駅から歩いてすぐの長瀞グリーンホテルへ。大広間では「勇舞」という巡業の一座が舞台をかけていて、芝居見物の地元の人たちが2,30人ばかり、おひねりをあげたりしていた。まだまだこういう世界もあるのだなあ。おかげでお風呂は貸しきり状態でのんびりできた。展望露天風呂でないのがちょっと物足りなかったが。

帰りの電車も缶ビールなど空けながら、楽しく帰宅の途についた。今回も楽しい山行のお世話をありがとうございました。

2/15 追記。新聞によれば、この日、秩父で25.4℃の夏日。観測史上2番目に早い夏日だったとのこと。

|

« 雑118:ご近所のスーパー「ひまわり」が閉店 | トップページ | 本062:リンボウ先生の書物探偵帖(林望) »

コメント

「宅ふぁいる便」ってスゴイ技術ですね。17枚もの写真が一度に届いたのには驚きました。ありがとうございます。

投稿: シンサン | 2009年2月15日 (日) 19時14分

春を象徴するかのようなクシャミの破裂音がいろいろなところから聞こえてきた山行でした。酔仙さんのフォット山行記は本当に楽しくなります。

投稿: お茶の水博士 | 2009年2月16日 (月) 04時58分

先月の宝登山は前日までの天気予報に怖気づいて参加を見合わせた事を後悔しています。かの地へは2年程以前に近所の方と出かけました。透き通るような蝋梅の黄色と真っ青な空のコントラストに感激した事を覚えています。それにしても今日の岩櫃山の鎖場には驚きました。二の腕が悲鳴をあげ始めています。明日は筋肉痛で腕が上がらないかも?と心配しています。次回もよろしくお願いいたします。

投稿: Kako | 2009年3月14日 (土) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山033:長瀞アルプスから宝登山への道は春山のようだった:

« 雑118:ご近所のスーパー「ひまわり」が閉店 | トップページ | 本062:リンボウ先生の書物探偵帖(林望) »