« 雑115:八重洲仲通りFUKUYAが閉店 | トップページ | 路132:飛鳥山観世音は消滅間近 »

2008年11月30日 (日)

山029:今熊山・刈寄山は名残の紅葉

29日の土曜日は、町内の山の会で奥多摩の今熊山と刈寄山へ。金曜日の晩が会社の飲み会だったので、眠い眠い。行きのバスの車中は爆睡。

登り口の今熊神社は、山の中に似ず立派なお社。説明板によれば、安閑天皇の時に熊野本宮大社を勧請したものという。「家出人呼戻し・足止め」に験ありという。

200811290005

急な石段をあがって一息つくと、新宿の高層ビル群や東京ドームまで見渡すことができる。

200811290008

奥の宮は、コンクリート造りで風情に欠けるが、名残の紅葉が見頃で、境内の石碑なども面白い。

200811290019

道はところどころ急坂を交えるが、黄葉のきれいな雑木林で、前後する人もほとんど見かけない、いい雰囲気のコースである。

200811290026

そろそろおなかのすき始めた頃、刈寄山に到着。さっそく東屋で昼食の準備。ここで酔仙は大失敗。今日はインスタントラーメンを用意したのだが、何をまちがったか、水の替わりに、ペットボトルの焼酎を入れてしまった。そのままガスコンロで沸かしてラーメンをいれたら、鍋から青い火がボッとあがって、やっと間違いに気づいた。あきらめてそのまま焼酎ラーメンにしてしまったが、苦味がきつくて、麺を食べきるのが精一杯。

200811290029

次回からペットボトルには色テープを巻くことにしよう。さて気を取り直して、頂上で集合写真。はい、みんな笑って。

200811290034

帰り道は、一度奥宮までもどってから、金剛の滝へ。里山なのでいたるところ植林道が錯綜している。適当に入り込んだら迷うだろうな。ともかくYリーダーにくっついていく。

尾根道から一気に沢の砂防堤まで下り、少し沢を詰める。沢の落ち口の岩に掘られた数メートルのトンネルを抜けると、滝つぼに出る。

200811290063

廻りを岩肌に囲まれて、滝つぼは薄暗い。細い滝が頭上から落ちてきて、岩壁には苔むした小さなお不動さんも。きょうの後半の見所である。

200811290089

左岸の鉄バシゴの上は、今は通行止めになっているようだ。砂防堤に戻り、さらに尾根をひとつ越えて、沢戸橋に下りつく。思いのほか下り道はたくさん歩いた気がする。というか、Yリーダーが、なるべくたくさん歩かせるようにルート配分をしたのかな?

今日のお湯は、「つるつる温泉」。前にも一度来たと思うのだが、あまりよく憶えていない。ともあれ、山歩きの後の温泉とビールには言うことなし。酔仙のお肌も温泉でつるつる。

200811290082

帰り道のバスの車中からは、もうクリスマスのイルミネーションがきれいだ。

200811290086

車中は引き続き宴会であるが、酔仙はまたも爆睡。8時ごろ、無事に帰り着いた。リーダーさん、幹事さん、今回もお世話ありがとうございました。

|

« 雑115:八重洲仲通りFUKUYAが閉店 | トップページ | 路132:飛鳥山観世音は消滅間近 »

コメント

今熊山~刈寄山は穏やかな山容で心が和みました。焼酎ラーメンとは最高の味だったと思いますが・・・?
師走に入り雪山が我々を呼んでいるようです。寒い雪中でインスタントラーメンと焼酎のお湯割は最高ですよ!酔仙さんは焼酎のラーメン割りを考案されたようですね。

投稿: お茶の水博士 | 2008年12月 2日 (火) 20時11分

いやはや、麺は苦いし、汁は飲めたものではないし、焼酎はなくなるし、三重苦でした(T_T)。
みなさん決して真似をしないように。でもひょっとして日本酒なら別の味になるかも?(>_<)\ボキャッ

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年12月 2日 (火) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山029:今熊山・刈寄山は名残の紅葉:

« 雑115:八重洲仲通りFUKUYAが閉店 | トップページ | 路132:飛鳥山観世音は消滅間近 »