« 本042:夏向けにはやはり怪談物が | トップページ | 路125:八重洲のエンジュの花 »

2008年7月29日 (火)

路124:そうだ京都、行こう。でも延暦寺って・・・

東京駅でポスターを見かける。JRの「そうだ 京都、行こう。」のシリーズである。で今回は、比叡山延暦寺の根本中堂。夏向きの涼しげな場面である。世界遺産「古都京都の文化財」にも含まれている。

20080729

ん、でも待てよ、延暦寺って、たしか、京都じゃなくて滋賀県側にあったはずだよなあ。確認してみたら、やっぱり、「滋賀県大津市坂本本町4220」だった。笑)・・・

いや、べつに酔仙が近江産だからというのではなくて、ちょっと面白かったというだけのことで。

|

« 本042:夏向けにはやはり怪談物が | トップページ | 路125:八重洲のエンジュの花 »

コメント

関西の人から見ると、埼玉・千葉・東京の県境がどうも曖昧になっているようです。
関東で生まれ育った僕にとっては、延暦寺も
清水寺もあまり変わらないような・・・?
話は変わってアメリカ人から見ると、日本も韓国も・・・。

投稿: お茶の水博士 | 2008年8月 1日 (金) 06時20分

延暦寺には昨秋、横川まで行ってきたよ。京都側から見ると比叡山は子供の頃、お化け屋敷で有名で夏休みにはよく出かけたものです。

投稿: 暇人 | 2008年8月 8日 (金) 17時01分

比叡山のお化け屋敷といえば、八瀬遊園だろうな、酔仙は行った記憶はないが。Wikiで見たら、1964年開園、盛時には年間20万人の入場者があったが、その後寂れて、→スポーツバレー京都→森のゆうえんち、と転々。2006年にはエクシブ八瀬離宮(会員制ホテル)になったとか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年8月 8日 (金) 20時10分

八瀬遊園のお化け屋敷はずっと後の話。小生の子供の頃、昭和20年代から30年代までは比叡山山頂にお化け屋敷があって京都の小学生の人気のスポットだったよ。延暦寺が滋賀県側にあることを実感したのは、以前勤務していた銀行の大津支店が毎日(雪の日も)延暦寺の集金に行っていたとの話を聞いてから。昨秋、坂本経由、ケーブルで滋賀県側から比叡山・延暦寺をまわったが途中のキャンプ村も数年前に閉鎖されたとのこと。ところで八瀬は寂れてしまったね。釜風呂で有名で小学生の遠足のコースであったが前回叡電で訪れたらすっかり落ちぶれていて世の栄枯盛衰を感じたよ。

投稿: 暇人 | 2008年8月 9日 (土) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路124:そうだ京都、行こう。でも延暦寺って・・・:

« 本042:夏向けにはやはり怪談物が | トップページ | 路125:八重洲のエンジュの花 »