« 路123:酒屋さんのポスター | トップページ | 路124:そうだ京都、行こう。でも延暦寺って・・・ »

2008年7月26日 (土)

本042:夏向けにはやはり怪談物が

空梅雨のまま、真夏に突入してしまった。夏向けにはやはり怪談物だなあ。京極夏彦の「覗き小平治」を読み終わる。「怪談木幡小平治」や「生きている小平治」から京極風に書き直したものだが、虚無の塊のような小平治のキャラが読みどころか。

20080726

これで少し涼しくなった。かな?

|

« 路123:酒屋さんのポスター | トップページ | 路124:そうだ京都、行こう。でも延暦寺って・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本042:夏向けにはやはり怪談物が:

« 路123:酒屋さんのポスター | トップページ | 路124:そうだ京都、行こう。でも延暦寺って・・・ »