« 雑098:畑で夏物の植えつけ | トップページ | 本038:北方 水滸伝、ついに完結 »

2008年5月12日 (月)

路115:長浜の古い家

GWは法事続きで、二週連続で長浜までいったりきたり。北国街道は観光客の人ごみだけれども、八幡神社のあたり、昔ながらのたたずまいが残っている。参道脇に、手入れのいい古い民家が。昔の造り酒屋のお家だとか。

20080510_003

|

« 雑098:畑で夏物の植えつけ | トップページ | 本038:北方 水滸伝、ついに完結 »

コメント

こういうお家は格子の拭き掃除だけでも大変でしょうね。ハァ~ッ・・ 甲子園の築35年の実家はアチコチガタが来ていて、さてどうする?状態なのだが、どうもウチの母親は60過ぎて新築の家に入って以来、一度も掃除機チャッチャッ以上のお手入れをしたことが無いと。。。
掃除キライの私の源泉はここに。そんな私でもお客さんが来る前には玄関ドアを拭いたり、廊下側の窓にダスキンモップかけたりしてるよ。

投稿: ぷうぷう | 2008年5月20日 (火) 12時48分

古い家屋を見る・・・。いや、歴史のある家に出逢うと何か心が落ち着くようです。香日向の田圃の南側の林の中にある旧庄屋の門と塀は歴史があるようで、市の文化財になっているらしいです。
来たる6/3(火)~6(金)まで奈良・京都へ修学旅行の引率で行ってきます。
観光地に埋もれていながらも、素朴に歴史を感じられる建物を探してきます。

投稿: お茶の水博士 | 2008年5月22日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路115:長浜の古い家:

« 雑098:畑で夏物の植えつけ | トップページ | 本038:北方 水滸伝、ついに完結 »