« 本038:北方 水滸伝、ついに完結 | トップページ | 路116:街角は祭りの準備中 »

2008年5月26日 (月)

山026:日光戦場ヶ原で鳥探し

5月18日、町内の山の会で日光戦場ヶ原に探鳥会(バードウォッチング)に行ってきた。すぐ画像をアップするつもりが、19日夜電話がはいっていきなりのお葬式で、先週は東奔西走ドタバタの一週間。やっと一段落したので、遅くなりましたがご覧ください。

スタートは奥日光の湯元湖。八重や紅の桜の見頃だった。かわいい湖に添って歩いて行くと、シャクナゲはまだ蕾が多かったけれども、陽だまりのところにはもう妖艶な花色をひらいていた。あとは竜頭の滝まで半日ずっとゆるい下りの道ばかり。

20080518_004

20080518_011

湯滝は、幅広い巌壁にかかる水の表情が繊細なレースのようで、いつまでも見飽きない。茶店の鮎の炭火焼きもおいしそうだったなあ。

20080518_040

コースは川に添って白樺の林と笹原の間を縫い、時に小さな淵にであい、渓流釣りに没頭中の釣り人を眺める。

20080518_057

20080518_050

川のほとりでのんびりと昼食。ずいぶん人なれした鴨のカップルに餌をやって遊んだ後、ふと見るとこんな看板が。(^_^;)

20080518_074 20080518_076_2

雲の晴間には男体山がどっしりと見下ろしている。

20080518_081

おっと、今回の趣旨は、探鳥会(バードウォッチング)だった。普段の山歩きなら、「おっ、トリが鳴いているな」というだけだが、今回はリーダーのYさんが、立ち止まっては、鳴き声と鳥の姿を見つけて、説明していただいた。やはり、何事も先達に聞くものですなあ。酔仙も、昔の双眼鏡を引っぱり出してきたので、、見当を教えてもらっては、けっこう見つけられた。で、これは、Hさんからもらった画像だけれども、コルリ。きれいな青藍色の飛ぶ宝石だった。つぎはヒガラ、でしたっけ?

20080518cauv0lut_2

20080518caanh5hi

さて、仕上げはやはり温泉。やしおの湯でのんびり汗を流して帰途についた。Yさん、トリ世界へのご案内ありがとうございました。皆さまお疲れさまでした。また、次回の山歩きをよろしく。

20080518_097

|

« 本038:北方 水滸伝、ついに完結 | トップページ | 路116:街角は祭りの準備中 »

コメント

>いきなりのお葬式で・・・・
2月1日に父親が亡くなったのですが、今度は5月18日の夜に母親が急逝しました。父の四九日、百ヶ日も済ませて、母もだいぶん元気を取り戻してきたと思っていただけに、びっくりしました。父が呼んだのかなあ。それにしても、最期までしっかりした母親だったなあ、と今さらながら感嘆しています。不肖の息子は、ちょっと疲れ気味です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年5月26日 (月) 22時51分

御愁傷様です。近所なのに何も知らずにいました。速報を旨とする酔仙氏の山行記が、今回はなかなか掲載されず案じていました。無念です。緊張の糸が切れちゃったんですかね。お悔やみ申し上げます。

投稿: | 2008年5月26日 (月) 23時42分

イヤー 感激
 自然の美しいこと! 写真に感謝。
 忘れかけていた感覚がよみがえります。
 それにしても、酔仙さんは活動的だなー。

 

投稿: パソコン音痴4バカ太郎 | 2008年6月 9日 (月) 11時22分

久しぶりに本日、酔仙ブログを開けたところ、母上様のご逝去を知り大変驚いています。心からお悔やみ申し上げます。
今年は長浜との往復大変でしたね。力を落とさず頑張ってください。

投稿: 暇人 | 2008年6月10日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山026:日光戦場ヶ原で鳥探し:

« 本038:北方 水滸伝、ついに完結 | トップページ | 路116:街角は祭りの準備中 »