« 路113:栄枯盛衰 | トップページ | 路114:東京駅の赤レンガもいよいよ復元工事に »

2008年4月13日 (日)

本037:ついに禁断の聖域に

酔仙の本棚はながらく禁断の聖域だったが、このたび無常の風を感じて、ついに、大整理に乗り出すことと相なった。濫読雑読粗読妄読迷読の40余年、しかしながら、「資本論」と仕事の本以外は全て一度は最後まで読み通した、と自慢できる。

第一陣、文庫本約500冊を久喜のブックマーケットへ。400冊で¥4,600。「査定外」約100冊も引き取ってもらった。

20080413_001

第二陣、やはり文庫本を主に、これは、比較のために白岡のブックオフに持ち込んだ。267冊で¥5,550。査定外は300冊ほど。単価は高いが査定が厳しそうなので、結局とんとんの所に落ち着くんでしょう。いずれも、外見がきれいか汚いかだけで査定しています。

20080413_004

約1000冊を放出して、酔仙の本棚には少し余裕ができた。でもまだこの何倍かを処分しなければならない。両店とも、出張引取りはしてくれないので、あと何度か段ボール箱を担いで通わなければならないな。少しましな本は、古書店に持ち込んでみようかな。

ともあれ、禁断の聖地も一度手をつければ、あとは×××・・・、騎虎の勢で放出しつくそう。取りあえずデジカメの買い替え資金はできそうだ。

残しておくものは、筒井康隆、荒俣宏、杉浦日向子、ますむらひろし、あと若干です。「この本があるならぜひほしい」という方は、今のうちにご連絡を。

|

« 路113:栄枯盛衰 | トップページ | 路114:東京駅の赤レンガもいよいよ復元工事に »

コメント

整理出来てせいせいしたでしょ。
マンガの本有りますか。山の本有りますか。
山の写真集有りますか。動物の本はあるでしょうか。資本論は要りませんが金が必ず儲かると言う本有りましたらいただきましょう。
とは言うものの高く売れましたね。昔、本屋にもって行きましたが単行本1冊60円でした。文庫本1冊20円でした。大阪から引き上げる時でした。
最近は古い本はゴミ扱いで引き取っていただけ無い本もありました。
古い本で金儲けにはなりませんね。捨てましょう。

投稿: 川崎の酒仙 | 2008年4月13日 (日) 21時56分

私もマンガの本に興味深々です。諸星大二郎って読んだことないんですけど、お持ちですか?他に笑える本は?図書館で何度か『カスハガの世界』byみうらじゅんを借りてます。処分予定の中にあれば欲しいっ!!

投稿: ぷうぷう | 2008年4月13日 (日) 22時49分

>諸星大二郎って読んだことないんですけど、お持ちですか?
>
二階の本棚にいっぱいあります。一階の本棚が片付いてから、忘れていなければ、「酔仙の回覧文庫」でお送りしましょう。最近健忘症(痴呆症)の酔仙なので確約はできませんが。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年4月14日 (月) 21時48分

>全て一度は最後まで読み通した、と自慢できる。
>
と、書いたのだが、実は段ボール箱に詰めながらぱらぱらと見ていたら、そのほとんどを憶えていないのを知って愕然とした。私の、々々、人生って、一体なんだったんだろうか(T_T)

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年4月14日 (月) 21時56分

>山の写真集有りますか。動物の本はあるでしょうか。
>
どちらもあります。忘れていなければ、お送りできます。お代は、次回の和民の飲み代で精算すればOKです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年4月14日 (月) 22時04分

いやいや凄い数の蔵書ですね!とても羨ましいです。それを処分した酔仙さんの英断に敬服いたします。
昔から本に囲まれた生活がしてみたかったです。今もその思いは変わりません。また、ぼくは書を読み「読んでいるそのままの姿勢で死ぬのが本望」と思っております。

投稿: お茶の水博士 | 2008年4月15日 (火) 22時06分

蔵書の整理、お疲れさまでした。
次は、写真の整理ですか?いつ、何が
あっても良いように身辺整理を心がけよう

投稿: 湘南の酔仙 | 2008年4月16日 (水) 16時23分

本を整理し始めましたか
私は退職の3ケ月位前から
会社に置いていた「仕事関係の本」の整理
退職の翌日から
自宅の本棚の本と服を整理しました

残した本は、「美術館」「博物館」のカタログ、山頭火・良寛関連の本だけにしたはずが
3年の間に、ポツリポツリと溜まってきました(買わないつもりだったのに)

服は、冠婚葬祭用一式、スーツ冬・春秋物一式、Yシャツのほとんどは処分、前年着なかった服は全部処分しました。
幸い服は増えていません

捨てきれないもの
古いカセットテープ、少ないけどCD、蒐集したブレンド茶の缶、旅行の写真

たまってきた物
はんこ、印譜、旅のスケッチ、絵の具、
展覧会のパンフレット・絵葉書

もっとすっきりするはずだったのに

思い切って捨てましょう
思い切って

投稿: 房州や | 2008年4月19日 (土) 13時14分

>思い切って捨てましょう
>思い切って
>
新聞を読んでいたら臨死シミュレーションとかいうのが載っていました。
自分にとって大切な物、人、思い出などを書き出します。それから、「もしガンの宣告を受けたら、どれを捨てますか?」・・・設問のつどひとつづつ破り捨てていって、最後に死ぬときには、ひとつだけ何が残りますか。この歳になると、とても切ないですね。
酔仙の場合、まず、酒と本とどちらから先に捨てるか、そこで迷います。(>_<)\ボキャッ

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年4月19日 (土) 14時14分

自宅で本をためても誰にも喜ばれません。邪魔にされるだけで、悦に入るのは本人だけです。ためて喜ばれるものはお金以外にないでしょう。
酒と本をどちらを先に捨てるかって!
当然本です。お酒は人を救うこともあります。
さあ!捨てよう、本を!

投稿: 川崎の酒仙 | 2008年4月19日 (土) 22時16分

川崎の酒仙さんへ>
自宅でお酒を呑んでも誰にも喜ばれません。邪魔にされるだけで、悦に入るのは本人だけです。ためて喜ばれるものはお金以外にないでしょう。
酒と本をどちらを先に捨てるかって!
当然お酒です。本は人を救うこともあります。
さあ!捨てよう、お酒を!

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年4月19日 (土) 23時22分

>次は、写真の整理ですか?いつ、何が
>あっても良いように身辺整理を心がけよう
>
前にこのブログで書いたのですが、還暦を機会に、毎年の年頭に自分の顔写真と住所録を残すことにしました。顔写真は、自分のお葬式の時に掲げる写真を、息子たちが探し回らなくてもいいように。住所録は分類して、Aクラス:取りあえず電話連絡をする先。Bクラス:喪中のハガキを出せばいい先。Cクラス:ここだけは死んでも知らせるな、尋ねてきたら塩を撒いて追い返せ。
湘南の酔仙さんの覚悟は如何?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2008年5月 5日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本037:ついに禁断の聖域に:

« 路113:栄枯盛衰 | トップページ | 路114:東京駅の赤レンガもいよいよ復元工事に »