« 山024:手作りアルコールコンロ | トップページ | 路107:白い恋人の復活 »

2008年2月 7日 (木)

路106:床発電

酔仙は今月、喪中になったばかりである。その間にこんなお遊びブログなんかをアップしていては、なくなったオヤジになぐられるかもしれない。でも、オッこれは面白い、と思うものに出会うと無意識にデジカメを取り出してしまう。

(>_<)\ボキャッ

これは、東京駅の八重洲北口。最近なにか床の工事をしているなあ、と思っていたら、実は工事ではなくて、通勤客が床を踏むエネルギーを電気に変える実験をしているのだという。へ~。

20080206_002

|

« 山024:手作りアルコールコンロ | トップページ | 路107:白い恋人の復活 »

コメント

去年、わりと頻繁に長浜に帰ってらっしゃるのはお父様のお見舞いだったんですね。。ご冥福をお祈りします。ウチの父は三年間入院して世話をして貰って元気(?)です。『わし、もう退院するわ』としっかりした声で云います。トホホ・・です。

投稿: ぷうぷう/まりりん | 2008年2月10日 (日) 18時35分

ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。今月は確定申告等で忙しかったのでこのブログを今日久しぶりに開いてみたら悲しい知らせでした。誠に残念な事と思います。気落ちされず、ご活躍ください。

投稿: 暇人 | 2008年2月18日 (月) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路106:床発電:

« 山024:手作りアルコールコンロ | トップページ | 路107:白い恋人の復活 »