« 本027:活字中毒者の後悔 | トップページ | 本028:李白の月と聊斎志異 »

2007年11月18日 (日)

路098:そろそろ懐古の年頃に

このところ、埼玉と実家の長浜をいったりきたりしている。いきかえりのついでに昔の風景を訪ねる。酔仙の通った幼稚園(^_^;)。まだ健在だった。石の門は変わっていない。「明治天皇行在所址」の石碑とか、二宮金次郎の石像とかも。

20071118_024

昔くぐって遊んだ築山のトンネルも、土はなくなったが、トンネルの土管は残っていた。半世紀の時の流れは思いのほか短いのかもしれない。

20071118_026

豊公園の「明治山」の忠魂碑もすっかり紅葉の中である。昔は湖岸のほとりにあったのだが、旧港が埋め立てられ新港ができて、湖からはなれてしまった。

20071118_004

八幡神社の隣の弓道場。矢場には紅葉がいっぱいに散り敷いていた。

20071118_010

帰りの長浜駅。ダイヤが遅れたおかげで、SLを見られた。

20071118_029

|

« 本027:活字中毒者の後悔 | トップページ | 本028:李白の月と聊斎志異 »

コメント

半世紀の時空を越えて、幼少時へタイムスリップしたようですね。
あの当時と変わらぬままものや、全く変わってしまったものを目のあたりにしたときの感慨が伝わってくるようです。

投稿: お茶の水博士 | 2007年11月19日 (月) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路098:そろそろ懐古の年頃に:

« 本027:活字中毒者の後悔 | トップページ | 本028:李白の月と聊斎志異 »