« 雑071:八重洲北の杵屋から南の杵屋へ | トップページ | 雑:72魔方陣 »

2007年7月18日 (水)

路075:八重洲南口には豚もしくは猪の仔の像が

八重洲南口の杵屋で飲んでの帰り。北のコーナーにはヤン・ヨーステン像、南のコーナーには猪の像。イタリアはフィレンツェから到来の、幸せの猪の像云々とのこと。

20070718_001_1

つっこんでいえば、猪なのか豚なのか、銅像は猪のようにも見えるし、説明にも混乱が・・・・もっとも、日本では猪と豚は区別されているけれども、本場の中国では、ブタは「猪」、イノシシは「野猪」と表記されるそうです。中世ヨーロッパでは秋に森に実ったドングリを豚に食べさせて肥らせ、雌豚と良い種豚以外はつぶして塩肉とソーセージにして冬に備えたそうです。

20070718_002

このブタの鼻をなぜると幸運がやってくる、ということで、子豚さんの鼻はピカピカ光っています。で、左下の別の鼻もピカピカしているのは、やっぱりご利益があるのでしょうか。(>_<)\ボキャッ

|

« 雑071:八重洲北の杵屋から南の杵屋へ | トップページ | 雑:72魔方陣 »

コメント

八重洲口にはいろいろ勉強になるものがありますね。さすが日本の中心駅だと思います。
丹沢で野生の猪に出くわしたことがあります。しかし、まだ野生の豚は見たことはありません。早速、八重洲口に行ってきます。

投稿: お茶の水博士 | 2007年7月19日 (木) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路075:八重洲南口には豚もしくは猪の仔の像が:

« 雑071:八重洲北の杵屋から南の杵屋へ | トップページ | 雑:72魔方陣 »