« 路066:葛西用水路のひなげし | トップページ | 路067:葛西用水路のひなげしが見頃 »

2007年5月 6日 (日)

山020:五月の太平山を歩く

5月5日はこどもの日、山の会で日帰り山歩きのプランを立てることになったが、下見などの余裕がないので、先日歩いた太平山をまた歩くことにした。もっとも酔仙以外にはほとんどはじめてのコースだし、天気も文句なしに良かった。

東武新大平下駅で集合。総勢15人とにぎやかになった。今回は客人神社から登り始める。信玄平に出たところで一服、遠景はもやっているが、下界を見下ろして五月の風に吹かれるのは気持ちがいい。

20070505_004

随神門から急な石段を直登。太平山神社に着くと、ちょうどこどもの日の餅つきがはじまったところ。三本杵はさすがに呼吸が合っている。

20070505_009_1

搗きあがった餅はさっそく子供たちに配られる。おすそ分けの大人の方が数が多いような。酔仙もきな粉餅をいただきました。

20070505_013

こちらは太平山頂上の浅間神社。

20070505_015

ぐみの木峠でゆっくりと昼食。自分の弁当のほかに、あれやこれやのいただきものでちょっと食べ過ぎたかな。

晃石神社への途中、風通りと見晴らしの良いところがあった。ここはパラグライダーの出発場所。でも今は風が強いからと、みなさんお昼寝中でした。

20070505_025

かなりゆっくり歩いたので、桜峠は割愛。晃石神社から清水寺(せいすいじ)までまっすぐ急坂を連続下降、やっと下山した。清水寺の水がおいしい。

20070505_034

ここでバスでもあればいいのだが、新大平下駅まで、山すその旧道を縫って一時間以上歩き続ける。けっこう歩き疲れた。さて、千葉方面へ帰る人たちと別れて、酔仙はTさんと温泉へ。二駅北の新栃木駅からタクシーで「湯楽(ゆら)の里」へ。のんびり温泉にひたってから帰宅した。楽しい一日だった。

|

« 路066:葛西用水路のひなげし | トップページ | 路067:葛西用水路のひなげしが見頃 »

コメント

僕も昨日の早朝に大平山へ行ってきました。
家を出発したのが4:15amで下の駐車場に車を置いて出発したのが5:15でした。
駐車場~謙信平~大平山神社~大平山頂上浅間神社~ぐみのき峠~大中寺~駐車場のコースをやりました。ほんのトレーニングコースで1時間30分ほど歩いただけです。8:00amには帰宅しました。
香日向から大平山まで距離にして40km、車で50分前後の時間がかかりますが、朝飯前の山歩きには最高ですよ!

投稿: お茶の水博士 | 2007年5月 6日 (日) 18時48分

楽しい山歩きの計画ありがとうございました。今年初めての山歩きでしたので足慣らしとしては充分の距離でした。
只、新緑の山、風薫る5月という表現を余り感じなかったのはいつも下を向いて登っていた精でしょうか。
年々、足元を見て歩くようになりました。廻りを見渡す余裕が無くなってきたのでしょうね。アルコールの精もあるのかもしれませんね。
私にはゆっくり歩いたという気があまりしなのですが、まだまだ元気な酔仙ですね。
朝飯前に太平山を歩く御茶ノ水博士の脚力にも驚きです。

投稿: 川崎の酒仙 | 2007年5月 8日 (火) 10時32分

朝飯前の健脚博士、さすがですね。酒仙さまお疲れさまでした。酔仙は、途中のコースはまずまずでしたが、清水寺への急下降の道と、駅までの平地の道でドッと足に疲れが。温泉で救われました。電車で帰宅のご一行は、車中のアルコールで疲れを癒したのでしょうか?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2007年5月14日 (月) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山020:五月の太平山を歩く:

« 路066:葛西用水路のひなげし | トップページ | 路067:葛西用水路のひなげしが見頃 »