« 路061:東京駅日本橋口のメガバス | トップページ | 本016:私家版魚類図譜/諸星大二郎 »

2007年4月30日 (月)

路062:GWの田植え風景

酔仙の団地は四方が水田に囲まれていて、GWの季節はいっせいに田植えが始まる。冬の間乾いていた田の土が砕かれ水を張られて、苗が植えられていく。サラリーマンには休暇の季節だが、農家には忙しい季節である。今日で3日連続のお休みだが、遠出することもなかった。暖かい風に揺らぐ小さな苗を見ているとなんだかほっとする。

20070430gw_002

|

« 路061:東京駅日本橋口のメガバス | トップページ | 本016:私家版魚類図譜/諸星大二郎 »

コメント

のどかな田園風景がなつかしい。
昔は田植えというと腰をかがめて1本1本植えていたものですが、今は機械なんでしょうね。かえるもうるさく鳴いて居ましたが、泣き声すら聞かなくなってしまいました。
4方を田んぼで囲まれているとは、うらやましいですよ。

投稿: 川崎の酒仙 | 2007年5月 2日 (水) 09時41分

田圃が身近にある風景に幸せを感じます。
のどかで初夏の爽やかな風に小刻みに揺れている苗、そしてどこからとなく聞こえてくる蛙の鳴き声ある風情は平和そのものです。
この60年間、平和であったのも憲法のおかげと実感しています。ますますこの平和憲法の大切さが身にしみます。
今日5月3日は憲法記念日です!

投稿: お茶の水博士 | 2007年5月 3日 (木) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路062:GWの田植え風景:

« 路061:東京駅日本橋口のメガバス | トップページ | 本016:私家版魚類図譜/諸星大二郎 »