« 路058:卵を放し飼いに? | トップページ | 遊033:さくら々、名残の桜 »

2007年4月 2日 (月)

路059:路傍の庚申像

太平山花見山行の帰り道で、路傍の庚申像。

20070331_081

天邪鬼と三猿を踏まえた青面金剛像。天明4年甲辰年は1784年、天明の飢饉の頃、志賀島の金印発見の年でもあるが、像はまあ普通の造り。隣の石碑が、「支邦事変皇軍将士武運長久」・・・・か。歴史は消せないなあ。

20070331_082

その向かいには、「滄浪」の刻銘の水盤。珍しい銘である。

20070331_083

酔仙の妄断では、離騒の「滄浪の水清(す)まば以って我が纓を濯(あら)うべし」の句から採ったものではなかろうか?ご存知の方あれば、ご教示を。

|

« 路058:卵を放し飼いに? | トップページ | 遊033:さくら々、名残の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路059:路傍の庚申像:

« 路058:卵を放し飼いに? | トップページ | 遊033:さくら々、名残の桜 »