« 雑051:生ごみ堆肥器でエコロジー | トップページ | 遊024:久しぶりのふぐ料理 »

2007年3月 1日 (木)

路055:路上看板禁止の看板

新橋駅の烏森口側にはずっと飲み屋街が続いている。路上に看板がある。「警告、歩道上にある看板は撤去します。愛宕警察署・港区役所」。たしかに放置看板は無い。しかし街路樹の一本づつに、この看板がしっかりと取り付けられて列をなしている。これって、何か自己矛盾を絵で描いたような・・・・・

20070228_002

一方、↓頭上にはこんな突き出し看板がてんこ盛り。

20070228_003

酔仙は、わいざつな飲み屋街も好きだし、こんなきれいな朝焼けの風景も好きだ。人間って、そんないいかげんなところがいいんじゃなかろうか。

20070228

|

« 雑051:生ごみ堆肥器でエコロジー | トップページ | 遊024:久しぶりのふぐ料理 »

コメント

素晴らしい朝焼けは東鷲宮駅の上りホームからの撮影でしょうか?希望に満ちた朝を臨み出勤とは最高の気分になると思います。
看板といえば、今から32年前にプロ文革中に訪中したときには、町の至る所に「批林批孔!」「打倒!美(米)帝主義・日帝主義!」「向上!生産!自主独立!」「日々学習!」「毛主席万歳!」があり、喜んで眺めました。あのプロ文革のエネルギーは一体何だったのだろうか?


投稿: お茶の水博士 | 2007年3月 3日 (土) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路055:路上看板禁止の看板:

« 雑051:生ごみ堆肥器でエコロジー | トップページ | 遊024:久しぶりのふぐ料理 »