« 路052:丸の内あたりは高層ビル街へと変貌中 | トップページ | 遊022:谷中の朝倉彫塑館へ »

2007年2月 4日 (日)

山015:秩父宝登山の蝋梅が満開でした

3日(土)は、蝋梅(ロウバイ)が満開とのことで、カミサンと秩父長瀞にある宝登山(ほどさん)を歩いてきた。車で片道2時間余りだが、途中の道の駅で寄り道をしたりして、長瀞駅前に着いたのが11時半頃。宝登山神社の節分とも重なって、車と人出が一杯。車は参道を少し下がったところの駐車場に預ける。

013

まずは神社に参拝して御朱印をいただく。社前には四神旗、右側は朱雀(南)の旗。あとは、玄武(北)、青龍(東)、白虎(西)。

015_1

境内からすぐ登山道へ。広い地道で、四駆なら楽に登れそうだが、車は一台も来ない。けっこう軽装のおじさん、おばさんが多い。

022_1

半分も登ると足元に麓の町が眺められる。

020_1

休み々々でも、1時間ばかりでロープウェイの頂上駅。すぐに東西の蝋梅園と宝登山頂上、奥宮。眼下には長瀞(荒川上流)の流れも望む。

036

快晴の青空に蝋梅の透き通った花弁が映え、風もなくて花の香りが濃く漂う。絶好の花見日和だった。

030

049

よく見ると、一つ一つの花は下向きに咲いているんですね。

052

「火気使用禁止」の看板が出ているので、ちょっと離れて、人出の少ない斜面でお昼のラーメン。近くではどこかの町内の山の会なのか、にぎやかに鍋料理中。

くだりは30分ばかり。参道脇の「旧新井家住宅」は、4時閉館で、見られなかった。帰り道は140号線、17号線を乗り継ぎ、見慣れた125号線に入る頃には日が暮れて、帰宅は7時前だった。

|

« 路052:丸の内あたりは高層ビル街へと変貌中 | トップページ | 遊022:谷中の朝倉彫塑館へ »

コメント

雲一つなく穏やかな天候に恵まれた宝登山を十分堪能した様子が分かります。
景勝地長瀞から上り始めるのがイイですね。しかし沢山のお土産屋さんと客寄せの大きな看板等の観光地特有の雰囲気はいただけないですね。
低山の日だまりハイクには最高の山ですね。酔仙さんはこの山から歴史と文化それから蝋梅から季節をいち早く感じ取っていますね。さすがですよ!ぼくもそろそろ動き始めます。

投稿: お茶の水博士 | 2007年2月 4日 (日) 21時19分

宝登山(ほどさん)神社はただいま創建1900年紀念中とか、それって、弥生時代では?社名の由来は「火(ほ)止め」だそうだが、酔仙的には「ほと」と解釈したいところ。昔の日本は性的にももっとおおらかだったのです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2007年2月 5日 (月) 23時36分

もう梅の季節ですか。先日湯島天神に行った時、梅のつぼみを見ました。あれから2週間かな、埼玉の方が早いのかな。
長瀞は何度も行きましたが宝登山には足を踏み入れたことはありません。ロープウエイで簡単に登れるとこなんて観光地だから、山ではないからと偏見していました。
なかなかいいところなんですね。行って見たくなりました。

投稿: 川崎の酒仙 | 2007年2月 6日 (火) 10時17分

宝登山には蝋梅園も梅園もあります。白梅はもう終わっていましたが紅梅はこれからでした。蝋梅は来週にはそろそろ盛りを過ぎているのでは。
観光地って言えば観光地ですね。高尾山と同じぐらいでしょう。うかい鳥山はないけれど、それなりにおいしい物もさがせばありそうですよ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2007年2月 7日 (水) 22時41分

久しぶりにうかがってみれば相も変わらず自由闊達天真爛漫縦横無尽天地無用(?)ですね!
3/26から都立美術館で日本遊印アート協会展です。出展料1000えん、といいたいところですが酔仙さんなら特別にタダ。どうか凡人たちにカツをいれていただきたく、叩頭して出品をお願いするしだいです。5m四方よりちいさければはがき1枚でもかまいませんので、ぜひ!あとでまたお誘いします。では!!

投稿: 横浜の酔仙、じゃなく天魚 | 2007年2月 8日 (木) 01時35分

困ったな、ハンコができていれば出品させていただくのですが、このところずっとさぼりっ放しです。(^_^;)どうも、張り合う相手がいないと、取り掛かる勢いがつかない。ブログと山歩きに取り紛れて、年越しの篆債も抱えたまま、畑仕事も手付かずのまま。
天魚師匠には別途お詫びのメイルでも。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2007年2月 8日 (木) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山015:秩父宝登山の蝋梅が満開でした:

« 路052:丸の内あたりは高層ビル街へと変貌中 | トップページ | 遊022:谷中の朝倉彫塑館へ »