« 路034:椋鳥か | トップページ | 本008:邪魅の雫(京極夏彦)は熱い、イヤ厚い »

2006年11月13日 (月)

路035:伊勢神宮の式年遷宮

会社の帰り道、八重洲の北口で、伊勢神宮の20年式年遷宮の宣伝をしていた。「お木曳行事」というのか。7年ごとの諏訪神社のおん柱と似ているなあ。三十三間堂棟木の由来、というのもあったな。山の樹には精霊が宿っているのだから、それを伐って柱とするには共通の宗教的な行事があったのだろう。

2006_11130003

|

« 路034:椋鳥か | トップページ | 本008:邪魅の雫(京極夏彦)は熱い、イヤ厚い »

コメント

自己レスだが。興味のある方は、Wikipediaで「御木曳」と「神宮式年遷宮」をひくと詳しい。690年に始まり、20年に一度、次回は2013年の第62回正遷宮まで、色々の行事が一杯である。酔仙は諏訪神社の御柱も一度は見ておきたいのだが、こちらは次回が2010年。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2006年11月17日 (金) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路035:伊勢神宮の式年遷宮:

« 路034:椋鳥か | トップページ | 本008:邪魅の雫(京極夏彦)は熱い、イヤ厚い »