« 路029:御成街道の道しるべ | トップページ | 遊014:町内の秋のおまつり »

2006年10月17日 (火)

路030:荒れ屋敷

ジョイフル本田へ買い物に行く途中の道に、荒れた屋敷がある。昔の大百姓のお家なのか、敷地は酔仙の家なら20軒ぐらいは建ちそうな広さだが、ほとんどが竹やぶと雑木のバードサンクチュアリ状態になっている。「お化け屋敷」というのはひどいので、「荒れ屋敷」としておこう。道に面して欅造りの立派な門がある。数年前まではまだ人の出入りや、住人が住んでいるようすもあったのだが、このところ、まったく人気もない。門の造作が立派なだけに、崩れそうでいながら、けっこう持ちこたえている。

2006_10170002

やはり後継ぎがいないか、外に就職して帰ってこないのだろうか。これだけの大きさの家では維持する事も難しいだろう。山歩きでも時々廃村や廃家を見かけるが、農村や地方の市町村までも過疎、離家、ドーナツ化現象は進んでいる。そうやって、総サラリーマン化した後の社会はどうなってしまうのだろうか。農山漁村、こまごまとした工場、商店の生活から離れた社会というのは、何か危ない感じがする。

|

« 路029:御成街道の道しるべ | トップページ | 遊014:町内の秋のおまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路030:荒れ屋敷:

« 路029:御成街道の道しるべ | トップページ | 遊014:町内の秋のおまつり »