« 本006:秋刀魚の歌 | トップページ | 雑027:DELLのPCが到着した »

2006年10月21日 (土)

山011:黄葉の奥会津七ヶ岳へ

今日は、山の会の月例会、21名で奥会津の七ヶ岳へ日帰りバス山行してきた。6:00出発、途中 東北道/佐野のSAで、佐野ラーメンの朝食。

2006_10210001

道は、西那須野塩原ICから、会津東街道400号。三叉路を右へ、121号から352号へ。七ヶ岳の主な登山コースは会津鉄道「七ヶ岳登山口」駅から平滑沢を遡ってゆく羽塩コースだが、今回はぐるりと裏側に廻りこんで高杖スキー場のゲレンデを上がって行くコースである。登りの2/3はゲレンデをテクテクと登る。

2006_10210017

天候は上々、紅葉はちょうど盛り。絶好の山歩き日和。横に広がってのんびりと登って行く。山道とは一味違うのんびり気分のコース。しかし、ここのスキー場のゲレンデは長い。冬にはけっこう滑りがいのあるコースだろうな。

2006_10210020

稜線近くまで続いているので、休み々々で2時間弱も歩いたか。詰めきって、登山口の道標からやっと山道らしくなる。

2006_10210024

稜線に出ると、向こうに山頂が見える。あたりの山々は植林が少ないので、様々な雑木の森が連なって、紅、黄色、栗、灰とパステルカラーのような色彩の重なりを楽しむ。

2006_10210028

電源開発の電波塔をすぎ、一度下ってまた登って、山頂。ここまでくるとちょっと風が寒い。おむすびの昼食に、いただきもののお惣菜、ワイン少々。

2006_10210045

2006_10210049

眺望を満喫したら、下りは電波塔をまわって、またもとのゲレンデコースへ。

2006_10210067

紅葉を撮りながら下る。でも、下り道は膝とくるぶしになかなかこたえる。

2006_10210062

やっとこ帰りついた。往復4時間ほどだったか。さっそく、目の前の白樺の湯にはいる。温泉とビールで寿命を延ばす。係りのおばさんが一人いるだけの小さな温泉、というか共同浴場だが、新しくて気持ちがいい。缶ビールの自販機は、Asahi生スーパードライ¥350 の一種類のみ。

2006_10210089

2006_10210091

あとはバスでの帰りだけ。今回は渋滞も無く、ぐっすり寝ている間に、7時半には帰りついた。みなさまお疲れさまでした。Nさん、差し入れのウィスキーとみかんをありがとうございました。

さて、酔仙のお土産は、道の駅たじまで買ったキノコの五種類大盛りパック¥1,000。明日はキノコパスタかキノコ鍋か。

2006_10210097

|

« 本006:秋刀魚の歌 | トップページ | 雑027:DELLのPCが到着した »

コメント

相変わらず多忙ですね。そちらの山の会には若い女性も居るみたいですね。おじさんばかりと思っていましたがそうでもないみたい。
山は登ることを趣味にしてください。
ビールの記事がいつも目に付きます。

投稿: 増田裕 | 2006年10月25日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山011:黄葉の奥会津七ヶ岳へ:

« 本006:秋刀魚の歌 | トップページ | 雑027:DELLのPCが到着した »