« 路026:クモとコスモス | トップページ | 雑023:デジカメのケース »

2006年9月20日 (水)

政005:第五福竜丸事件

帰りの電車の中で、集英社の「青春と読書」10月号、「ベン・シャーンが描いた『第五福竜丸事件』 by アーサー・ビナード」を読んでいて、「えっ」と思う部分に出会った。25ページを参照。

2006_09200001

つまり、米軍は核実験の被害を知ったなら、23人の漁船員を抹殺していただろう、ということが、淡々と語られている。これって、今までは考えた事も無かったのだが、でも、ひょっとして・・・・

①そんなバカな、ガセですよ、自由と民主主義のアメリカがそんな事をするわけが・・・②いかにも有りえる、アメリカ帝国主義なら、目から鱗が・・・・③いまさらそんなこと、知っている人はみんな知ってますよ・・・・・はたして事実はどうなのだろうか?ご存知の方がいれば書きこみをよろしく。

なお、B:作者のアーサー・ビナードと、W:和田誠との対談です。

|

« 路026:クモとコスモス | トップページ | 雑023:デジカメのケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政005:第五福竜丸事件:

« 路026:クモとコスモス | トップページ | 雑023:デジカメのケース »