« 路016:街、虹ときしめん | トップページ | 路017:エンジュの並木 »

2006年8月13日 (日)

遊011:そうだ佐野ラーメンを

夏休み9連休も今日で最終日なので、早めに起きて畑の草取り。それから、午前中に、たまっていたブログの記事を4本アップ。(この記事で5本目。一日のアップ数としては最多記録)(^o^)。さて、今日のお昼ご飯は?そうだ、佐野ラーメンを食べに行こう、と思い立って、即 一時間のドライブへ。途中、佐野藤岡の「岩﨑醤油株式会社」の跡をまた写真に収める。大谷石の壁はよく持ちこたえているが、ツタのびっしりと絡んだレンガの煙突や瓦の抜けかかった大屋根は、年ごとに廃墟らしい良い味が出てきている。

2006_08130062

2006_08130063

さて、おめあての「つるり」のラーメン。なにせ、こんな店構えだから、カミサンと同伴なら、とても入れさせてもらえない。でも酔仙はこんな店が大好きです。キッチュ、フェイク、ケバケバ、キンキラ、カブキ・・・というのは、酔仙にとっては最大級の賛辞なのです。

2006_08130069

というわけで、今回は、「○○の居ぬ間に、ラーメン一杯」というはずだったのに、店の前に立ったら、なんと、臨時休業????(T_T)。どうやら、お祭りのせいらしい。「さの秀郷まつり」とか。百足退治と将門追討で有名な藤原秀郷(俵の藤太)の子孫の一つが佐野氏ということらしい。

2006_08130075

結局、佐野厄除け大師前の観光物産館で、「佐野ラーメン」¥400をいただいた。味?え~っと、ただの東京風しょう油味ラーメン、としか言いようがないです。

2006_08130071

駅前の「田村耕一陶芸館」というところをちょっと覗いて、渡良瀬遊水池でウィンドサーフィンなどをぼけ~と眺めてから帰宅した。

2006_08130086

おっと、休み明けに会社へ持って行く手土産も忘れずに。長いようで短い夏休みもこうして終わってしまった。オツカレサマ、と自分に言ってあげよう。

|

« 路016:街、虹ときしめん | トップページ | 路017:エンジュの並木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊011:そうだ佐野ラーメンを:

« 路016:街、虹ときしめん | トップページ | 路017:エンジュの並木 »