« 遊009:帰省の料理 | トップページ | 路016:街、虹ときしめん »

2006年8月13日 (日)

遊010:帰省の料理その2

続けて夕食は、カミサンの実家で、鮎料理をごちそうになる。姉川のほとりに「鮎茶屋」という店があって、自家養殖の鮎がそのまま味わえる。大きな鮎が、ピクピクしたまま串に刺して塩をふってどっさりと出てくる。4人で8匹だが、年よりはなかなか食べ切れないというので、酔仙ひとりで4匹半食べてしまった(^_^;)。

2006_08120022

から揚げとお造り。びわ湖の鱒もうまい。酔仙は運転役なので、ウーロン茶だけです。

2006_08120024

小鮎の天ぷらもおいしい。

2006_08120026

窓の外は伊吹山。ずーっと田んぼだけ、他には何もなし、ひたすら鮎を食べるためのお店です。満腹々々、ごちそうさまでした。

2006_08120028

帰りはちょっと湖岸道路を走って、竹生島の夕景色を。

2006_08120031

|

« 遊009:帰省の料理 | トップページ | 路016:街、虹ときしめん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊010:帰省の料理その2:

« 遊009:帰省の料理 | トップページ | 路016:街、虹ときしめん »