« 路007:東京駅周辺は高層建築ラッシュ | トップページ | 雑010:鳥寄せの餌 »

2006年6月11日 (日)

山006:奥多摩雲取山は雲海の上

6月の山行予定の尾瀬が、残雪が多すぎるというので、奥多摩の雲取山に変更になった。雲取山へはまだ登っていなかったような気もするが、はて。年をとるにつれて、昔の山の記憶も、人の記憶もあいまいになってゆく。(^_^;)

さて、今回は朝が早い。4日(日)5:29東武久喜駅発、途中乗換え々々して、7:00にJR立川駅集合に間に合った。今回の参加者はは8.5人(幼稚園一人、結局一番元気に歩きとおした。エライ。年が上の者から順にバテ気味だった。)。青梅線をゴトゴト、奥多摩駅からバス、鴨沢で下車して歩き始める。長い々々登りの道である。途中から、雲の中に入って、杉の植林道はうす暗い。

2006_06050022

やっと、石尾根縦走路に出る。道の様相はガラリと変わって、広くて明るい遊歩道のような、稜線上のコースになる。

2006_06050025

あたりは一面の雲海の上に、富士山の影も見える。新緑にツツジの赤い花もきれいに映えている。苦労して登ってきたかいがあった。雲の流れが山にせき止められて渦を巻くように流れ落ちるさまにしばし見とれる。

2006_06050040

雲取山頂上から石尾根を振りかえる。

2006_06050048_1

雲取山荘へは、岩だらけの急坂を一気に下る。平成11年築のりっぱなログハウス。夕食はハンバーグ他で満腹。夜はゆっくり宴会をと思っていたのに、あったかいコタツに入ってちょっと横になったら、そのまま爆睡してしまった。(^_^;)

2006_06050060

2006_06050064

翌朝は、朝焼けを眺めてから同じコースを下山。

2006_06050069

富士山がきのうよりもはっきり見えた。ツツジの花もきれい。

2006_06050076

2006_06050082

奥多摩駅前に帰りついた。おつかれさま。2006_06050095

山の後はやっぱり温泉。今回は三条の湯に廻らなかったので、代りに、百観音温泉に立寄って、ドブンと昼風呂を楽しんだ。

|

« 路007:東京駅周辺は高層建築ラッシュ | トップページ | 雑010:鳥寄せの餌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山006:奥多摩雲取山は雲海の上:

« 路007:東京駅周辺は高層建築ラッシュ | トップページ | 雑010:鳥寄せの餌 »