« 山002:栃木の熊鷹山 | トップページ | 山003:日光鳴虫山 »

2006年5月 4日 (木)

路006:近所の青面金剛像

家から自転車で5分のところに畑を借りて日曜菜園をしている。その途中の道端の桜の樹陰に青面金剛の石仏がある。幸手の近辺には庚申講が盛んだったらしく、庚申塔や三猿や青面金剛(ショウメンコンゴウ。庚申講の本尊)の石造が多い。これもそのひとつで、足元には三猿像。以前は生垣を背にしていたのだが、ブロック塀に作りなおされてちょっと風情が減ってしまった。それでも桜の花の季節には花びらが降りかかって、よいものである。保存状態も良い。

2006_04300078

側面に「文政十一、戊子年四月五日・・・」の日付があるので、西暦1828年、文化・文政・天保と続く徳川中期、将軍家斉の時代とわかる。

今年は田植えも早い。連休前半で、もう植え終わった田も多い。

2006_04300085

|

« 山002:栃木の熊鷹山 | トップページ | 山003:日光鳴虫山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路006:近所の青面金剛像:

« 山002:栃木の熊鷹山 | トップページ | 山003:日光鳴虫山 »