« 路006:近所の青面金剛像 | トップページ | 雑006:遅番の日の窓辺 »

2006年5月 6日 (土)

山003:日光鳴虫山

昨日、5月5日子供の日には、日光の鳴虫山に登った。今回はリーダー役ということで、ちょっと手抜きをして、以前に行ったコースを、下見抜きでそのまま使わせてもらった。浅草からの一行と東武動物公園駅で合流して、9:30 東武日光駅集合、合計13人となった。駅前から歩いて、消防署のところで左折して、すぐ登山口。長いコースではないが、稜線沿いに上ったり下りたり、けっこう急坂が多かった。神ノ主山側から登って、下りは銭沢不動へのコースを、と予定していたが、銭沢不動への分かれ道がちょっと荒れているようだったので、結局、前回どおり独標から発電所へのくだりをとった。

さて、登りの神ノ主山からのながめ。左から、男体山・大真名子山・太郎山・女峰山。足元には、東照宮、輪王寺の屋根が見える。

2006_05050004_1 

稜線伝いの道は、ヤシオツツジが見頃だったが、ミツバツツジはまだ葉が出たばかり。鳴虫山の頂上の展望台あたりは、ちょうどきれいな花盛りだった。

2006_05050017_2

下り道では、カタクリの花を見かけた。まだ小さな葉がたくさん出ていたが、やっぱり種で増えるものだろうか。

2006_05050023

下ったところが化け地蔵と含満が淵。昔は大きな寺だったのだろうが、、「慈雲寺」の額を掲げた門とお堂、祠を残すばかり。枝垂れ、八重、紅と色々な桜が植えられていて、思いがけず、名残の花見ができた。

2006_05050042

車道に出て、トイレ休憩。道の脇にも、二輪草が咲いていた。

2006_05050048

東照宮の前の道は旅館と土産物屋と観光客で混んでいたが、川沿いのひなびた道を神橋まで歩く。前に修復工事中だった神橋はもう完成していたが、有料なので、そのまま脇を通りぬける。駅前通をぶらぶらと、土産物屋を見ながら東武日光駅まで戻る。みやげ物は、湯葉・羊羹・日光彫り。う~ん変り映えがしないなあ。店仕舞いしたところも目立つ。

|

« 路006:近所の青面金剛像 | トップページ | 雑006:遅番の日の窓辺 »

コメント

エクセルでの写真も拝見しました。
いやぁ天気が良くて最高ですね。
今回は女性の参加もあり、いつもと違って華やかですね~(笑)
いい天気、展望、花、華、とさぞかしおいしいお酒がすすんだのではと想像してます??

投稿: vagabond-k | 2006年5月 8日 (月) 13時23分

酔仙どの
 あまりに沢山の書込みがあるので
ただ々感心。
 カタクリの花、綺麗ですね。群生
している所で写真を撮ると大抵他人
の靴が写ります。
 カタクリの花には「春の女神」と
呼ばれるギフチョウ(関東ではヒメ
ギフチョウ)が飛来します。
 これからも頑張れ!まずは一言。
             杵クマ
             

投稿: 杵クマ | 2006年5月19日 (金) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山003:日光鳴虫山:

» ◆カタクリの花が満開。花が終わったら全草が消えて10ヶ月の休眠。ギフチョウも飛ぶ [てらまち・ねっと]
カタクリが満開のころなので、一昨日4月6日、群生地を見てきました。4月1日 に載せた場所は、この前日、中日新聞の一面、岐阜新聞の社会面に出たので、見に来る人がたくさん。  ここは、そこへの通り道なので、人気を察して立ち寄る人もいます。  他の2ヵ所と比べて、ここは触れるほどに近くでアップで見れるのがいい。 (どの写真もクリックすると拡大。写真右下あたりのクリックでさらに拡大)  ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 19時21分

« 路006:近所の青面金剛像 | トップページ | 雑006:遅番の日の窓辺 »