« 路003:女人講の碑 | トップページ | 雑003:庭の花 »

2006年4月16日 (日)

路004:梨とムベの花

今年は、梅の花が遅くて桜の花が早い。桜が散るのを追いかけて、梨の花も早々と咲いている。このあたりから白岡にかけての梨畑も、例年ならGWの頃に盛りになるのだが、今年はもう満開になってしまっている。毎年の夏の終わりには、白岡の榎本梨園の美味しい幸水や豊水を買いに出かけるが、農家の受粉の作業は間に合っているのだろうか、ちょっと心配になる。ご近所の梨畑で花の写真を撮ってきた。「梨花一枝春帯雨」は白居易の長恨歌であるが、今日はちょっと曇り空。

2006_0416_2

うちに帰ると、庭のムベの花も満開である。あけびの仲間だが、葉が常緑なのと実が割れないところが違う。去年初めて10ばかりも実が成って、はじめて食べて見た。あっさりした涼しい甘味で、あけびとほぼ同じようなものである。もっとも、この頃は、ムベどころかあけびも食べた事がない、という人が多いようである。

2006_0416_3

今年も実を食べられるといいなあ。

|

« 路003:女人講の碑 | トップページ | 雑003:庭の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路004:梨とムベの花:

« 路003:女人講の碑 | トップページ | 雑003:庭の花 »