2021年12月 3日 (金)

路351:農家の跡地が更地に

ウォーキングコースの途中のお百姓さんのお家。周りの田畑が売られて8軒ほどの建売住宅になった。その内一軒がお百姓さん家の新居で大きな平屋の建物。元の古い建物は重機が入って取り壊されていった。

20211121_img_7277

今日通りかかったら、もうすっかり更地と少しばかりの竹やぶになっていた。この後どうなるのかな?

20211203_img_7385

石神さまらしい碑と石の大黒さんの像とが路傍に片寄せられていた。まさか捨てられはしないだろうな。新居の片隅にでも祀ってもらえればいいのだが。かといって、酔仙家に引き取る場所も無いしなあ。

インフラの整った団地は空き家が増えて限界集落化。一方で、農地転用規制が緩和されたので、農道にアスファルトを貼っただけのミニ開発住宅が乱立、末はインフラ不足のスプロール住宅エリアとなるだろう。先のわかり切った愚かな土地政策がなぜ続くのか。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

路350:春日部には路上ネタがいっぱい

春日部の忘年会への途上、けっこう面白いものをいくつも見つけたのでまとめてアップ。

駅には指名手配と拉致被害者の顔写真がいっぱい。

20211130__img_7353

東アジア反日武装戦線って、昭和50年の話。生きていたら67歳の前期高齢者、この顔写真では判らないなあ。

20211201__72011_17

玄関、壁面、屋根まで猫や鳥の飾り物がてんこ盛りのお家があった。過ぎたるは猶及ばざるが如し。

20211130__img_7376

鉄の支え棒に街路樹が喰いこんで奮闘中。

20211130__img_7356

本当は「三須」医院なんだけれど、カタカナにすると何だか医療ミスを連想するのは考え過ぎか。

20211130__img_7354

| | コメント (0)

遊375:春日部でリアル忘年会

昨30日は、元の会社の同期での北関東会。と言っても所用で欠席の者もいて、4人での昼食会となった。春日部駅前で待ち合わせて、やまや新館へ。赤提灯ではなくて、割烹料理とビジネスホテルのビルだった。

20211130_by_55712966c8654b6780913e973042

病気自慢だけでなく、色々な話しが出てきて、楽しい時間を過ごした。ZOOMも便利だが、やはりリアルの飲み会は楽しい。S幹事さん、お手配ありがとうございます。

20211130__img_7370

当面はなぜかコロナが下火でも、状況をみると正月明けのリバウンドが懸念されるが、さてどうなる。せいぜい美味しいものを食べて抵抗力を付けておこうか。(>_<)\バキャッ

 

| | コメント (0)

2021年11月30日 (火)

印261:壬寅印、追加で6顆

20顆彫った干支の壬寅印も、あちこちでばら撒いて残り少なくなったので、昨晩の夜なべ仕事に追加で6顆。

20211129_6_img_7349

壬2,寅4,だいぶん手が慣れてきたので、字画や辺の欠けも少なくなった。その分おもしろみが減ったかも。

20211129_6_001

今日の同期の飲み会で配って、また残り少なくなった。増産しなければなあ。

 

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

遊374:上野公園で早めの忘年会

コロナ第5波もなぜか収まっているので、今のうちにと、昨 26 25日、昔の仲間と4人で上野公園内の「韻松亭」で昼食会。西郷さんの銅像前に集合して、公園内のまだ知らない所など案内してもらう。天海僧正の毛髪塔。ン?坊さんなのに髪の毛? 塔の前の立派な石灯篭に「厳有院殿 尊前」の銘。後でググってみたら、厳有院=四代徳川家綱の寛永寺霊廟が空襲で焼失している。廟前に諸大名から奉納されていた灯篭の一つが移されたものだろう。

20211125__img_7295

韻松亭は精養軒と五條天神との間にちょっと目立たない玄関口。外見も中も古い木造の料亭だが、落ち着いた雰囲気が良い。

20211125__img_7300

前菜から始まって、籠に入った花籠膳。しめには天ぷら、滋賀の大豆の豆ご飯も。デザートに粽、プリン。ほどよく腹に収まって美味しくいただいた。

20211125__img_7304

食後は一人が所用で帰ったので、残った3人でトーハク(東京国立博物館)へ。企画展はすべて事前予約制だが、入園だけなら70歳以上は無料。

20211125__img_7315

本館裏の日本庭園が穴場。きれいな紅葉や薄を巡る人影も稀で、温かい陽射しに池のカモがのんびり水浴びしている。

20211125__img_7317

(↓クリックして拡大)

20211125__img_7323

東照宮の大石鳥居と動物園の間の茶店 新鶯亭で名物のうぐいす団子と甘酒。

20211125__img_7326

JRの上野公園改札口まできたら、すっかり様子が変わっている。改札口前の道路が無くなって、改札口を出たらそのまま公園の石敷きの広い通路が広がっている。駅の建物も洒落た正面に模様替え。国立西洋美術館も工事中で、前庭がそのまま公園の通路に一体化するようだ。来年にはすっきり広々とするのだろう。

20211125__img_7334

早めに散会となり帰宅。

おっとっと、HW駅のすぐ手前でストンと寝入った。 栗橋駅まで乗り越してしまって折り返し。現役の通勤時代と同じことをやっているなあ。(~_~;)

 

| | コメント (5)

2021年11月24日 (水)

雑902:チョウゲンボウを撮る

酔仙のウォーキングルート途中の新幹線ガード下で、バードウォッチングのオジサンに 二度ほど出会った。チョウゲンボウの巣を撮りに来ている、とのことで、遠目に番(つがい)らしい姿を教えてもらった。

その後歩くときには注意していたのだが、今日の午後遅くに、それらしい姿を撮ることが出来た。鳩よりもちょっと大きい感じ。一羽で桜の枝に止まっていて、途中で子供らしい小さいのが二羽近寄っていた。コンデジでは飛んでいる姿までは追いきれなかったが、猛禽類のハヤブサの仲間らしいすっぱりとした飛翔だった。

20211124__img_7281

鳥に詳しいクマさんに写真を送って確かめてもらったので、まずは大丈夫とアップしよう。

7月にもツミを撮ってブログにアップしたのだが、バブル崩壊後の首都圏縮小で、この地も自然に戻っていくのだろうかな。

 

| | コメント (2)

2021年11月21日 (日)

遊373:一泊二日で滋賀に帰省

この19~20日と、滋賀の長浜に一泊二日で帰省してきた。今は墓石が残っているだけなのだが、知り合いからの声掛けで年に一二回、寄り合いに集まり、墓参と寺社巡りを兼ねている。コロナの為に2年ばかりもご無沙汰。今回は第5波が下火のうちにと。

二日とも秋日和の好天に恵まれ、往きの新幹線の車窓からは富士山や伊吹山の写真も撮れた。

20211119__img_7130

12時に米原駅に着いて予約しておいた駅レンタカーを借り出す。まずは松の岩墓地公園まで一走り。両親と本家の墓とに香華を備えて心経を唱える。広くて明るいし、市営なので、いつもきれいに掃除してくれているのがありがたい。

夕方まで時間があるので、近隣の寺社巡り。田村山の麓の忍海神社。

20211119__img_7152

下坂の湖岸の良畴寺のびわ湖大仏。酔仙が子供の頃はコンクリート製の顔の大きな初代大仏。今のは青銅製の二代目でスマートである。

20211119__img_7160

定宿の駅前のホテル、Yes長浜駅前館にチェックインを済ませ、夕刻の市内をぶらぶら歩き。シャッターを閉じた店が多い。大通寺の山門は変わらず堂々と建っている。

20211119__img_7183

夕方6時、とんま寿司に5人が集まる。ちょうど皆既月食で、満月が細い筋を残すばかりに欠けているのを見る。料理はカニ、フグ、寿司など美味しくいただき、酒もうまい。話題は、病気自慢などで賑やか。(笑)

20211119__img_7205

散会後、ホテルまで送ってもらう。いつもなら二階の「村さ来」で仕上げに「湖濱」の冷やをもう一杯、となるのだが、店の灯りが見えない。コロナの為にこの3月で店を閉めたと。仕方が無いので、一人で部屋飲み。(T_T)

 

さて翌20日朝は、ホテルの朝食を済ませてから北へ走り、トンネルを三つ越えて大浦へ。この辺りは、山で隔てられた入り江の奥に、びわ湖の水運で栄えた港が幾つかある。大浦の在所には、最近まで使われていた機帆船の「丸小舟」を保存している資料館を見る。けっこうな大きさで迫力がある。

20211120__img_7223

歩いてすぐに腹帯観音の小ぶりなお堂。ここも、隣の大きな本堂の浄土真宗正願寺とは別に、地元の人が交代で堂守りをしている。近くの八幡神社では明日の新嘗祭の準備や掃除をしている。お寺とお堂と神社と、三重構造なので、地元の負担も楽ではなかろう。観音の里巡りでは、参拝に事前予約の必要なお堂が多いのだが、幸い先の参拝の人が入っていたので、便乗して参拝させていただいた。というか、安産や子育ての祈願のために一家でお参りする信仰の対象の観音さまである。土曜日なのでこの後も続けてもう一組の祈願の参拝客が続いていた。

20211120__img_7237

ここから少し上手に入った山門の和蔵堂・善隆寺は、残念ながらお堂が閉められていて、庫裏の方にも人影が無かったので諦めた。次の機会があればいいのだが。

昼食には道沿いの店で親子丼。ちょっと方向を変えて、高月の雨森芳洲庵・東アジア交流ハウスへ。江戸時代、地元出身で対馬藩に仕えて朝鮮通信使などの日朝外交に活躍した雨森芳洲を顕彰するため40年前に建てられた資料館である。見て回ると上田正昭先生の写真や、揮毫の石碑などもあり、大学時代の講義を懐かしく思い出した。

20211120__img_7258

もう一軒、義弟の家に寄って挨拶など済ませ、夕方の新幹線で帰京。9時過ぎに無事帰宅。久しぶりの外泊でちょっと疲れたかな。

 

11/22 追加

20211120__

 

 

| | コメント (8)

2021年11月17日 (水)

印260:壬小印4顆と寅小印6顆

干支の小印、第二陣の10本が彫り上がった。十干の壬(みずのえ)は、画数も少なくて単純なのでチャチャッと彫れるのだが、十二支の寅(とら)の方を欲しがる人が多いだろうから、壬は4顆だけ、寅を6顆。第一陣と合わせて20本まで出来たので、明日のパソコンサークルで配るのに間に合った。

20211116_46_img_7110

今回の印筒はこのスタイルで統一。

20211116_46_img_7112

各10ミリ角。この大きさだと、印刀は刃幅6ミリと4ミリとを併用。数をこなしているうちに、指先もだいぶん感じを取り戻してきたようだ。

20211116_46_001

| | コメント (0)

2021年11月15日 (月)

路349:エスカレーターでは立ち止まろう

今日、ジョイフル本田に出かけたら、2階へ上がるエスカレーターにこんな表示が貼られていた。

20211115_kimg0091

昔から、関東では右空け、関西では左空け、という慣行が言われていた。仙台に出かけた時には、ここではどちらを空けるのかな、と見ていたら、皆立ち止まって乗っていた(笑)。仙台はいい街です。

空いたスペースを駆け上がり駆け降りるような連中に限って、立ち止まっている年寄りにぶつかっても謝りもせず、チッと舌打ちしたりするヤクザな者が多い。埼玉では「埼玉県エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例」が成立し、令和3年10月1日から施行されたと。これで少しでもヤクザな者が減ればいいのだが、定着するまでは時間がかかるだろう。

まあ、エスカレーターで走らないようになったとしても、ヤクザな人間やヤクザな社会が良くなる、というわけでもないのだが。

 

| | コメント (2)

2021年11月13日 (土)

印259:寅の小印やっと10顆

壬寅(みずのえ とら)の2022年も間近になり、恒例の干支の小印彫りにやっとこさ手を着けた。印刀を握るのも一年ぶりで、どうもいまいち指先の感覚が追い付かない。10ミリ角で取りあえず10顆。

20211112_10_img_7104

印筒は、ちょっと手抜きして、両端をあめ玉ひねりにした。

20211112_10_img_7106

所々、字画や辺が欠けているのは、デザイン上の「撃辺」と言いたいところだが、単に刃先が滑っただけ。(~_~;)

20211113_10_001

このペースだと、20顆ほどまで彫れればいいほうかな。

 

| | コメント (2)

«雑901:詐欺メールが続く