2024年2月19日 (月)

遊409:K日向ウォーキング

昨18日は町内のスポーツ協会主催のK日向ウォーキングに参加。穏やかなウォーキング日和で、約30人ほどが旧K日向小グラウンドに集合。準備運動で自分の身体が固くなっているのを実感。2班に分かれて10時に出発。

20240218_img_5516

ダラダラわらわらと歩きながら、高須賀池の公園。一昔前と比べるとずいぶんきれいに整備された。今日はこの季節としては水鳥の姿が少なかった。

20240218_img_5520

香取八幡の梅。というか、この辺りは香取神社だらけ。

20240218_img_5525

日頃歩き慣れた千塚神社まで戻ってくれば、直ぐに出発点の旧K日向小グラウンド。

20240218_img_5532

無事完歩して、参加賞のゴミ回収袋をいただく。

20240218_img_5534

今日のコースは約6㎞。家からの往復を含めて、今日は12千歩。けっこう歩いたので早めに寝ついた。

| | コメント (8)

2024年2月16日 (金)

政187:確定申告と収受日付印

確定申告が今日16日から始まったが、実は申告そのものはその前後に提出しても構わない。なので酔仙は税務署の忙しくなる前に、資料が揃い次第に確定申告を作成して春日部税務署宛に郵送し、確認のために、収受日付印の押捺された表書きの控え1枚を返送用封筒で送り返してもらっている。今年も2月9日付の収受印の捺された控えが戻ってきたのだが、ン?何かメモのようなものが同封されている。

(↓クリックして拡大)

20240216_

来年1月からは、収受日付印の押捺を廃止するので、e-Taxを利用するようにと云々。今日の夕刊の記事でも、高橋某氏にe-Tax推奨を語らせている。

20240216___20240216204301

なるほど。つまり、業務合理化の二大原則、1)やらなくてもよいことはやらない(受け取ったものにレシートを出さない)。2)客にやらせられることは客にやらせる(データは客に入力させる)。を徹底しようというわけだ。一般企業の場合はこれをやり過ぎると客が離れていってしまい、結局は自滅するのだが、政府、税務署は独占企業なので、客が不便だろうとなんだろうと、やり放題になってしまう。e-Taxなんて分からない、ついていけない、という客には、獲り過ぎた税金を返さなくて良いから一石二鳥三鳥。

いや、酔仙も何でもかんでも反対というわけではない。お客さんにご不便をおかけしますが、それ以上に我々も一生懸命身を削って努力しています、とか。政治家や官僚や企業・資本家には全収支をデータで提出させマイナンバーで紐付けすれば、裏金、企業献金、贈収賄、脱税など一円一銭まで明らかになり不正や犯罪を一掃出来ます、とか。

いやいやいや、無理だ無理だ。(-_-メ) そこまで期待して翼賛協力するほど国民も馬鹿ではない・・・・・・馬鹿ではないと思う・・・・・・えっと、馬鹿かもしれない・・・・・・・・・(~_~;)

今日の夕刊の素粒子欄。

20240216__

| | コメント (4)

2024年2月14日 (水)

雑1089:今年の春は早そう

先週の「大雪」の後、どんどん暖かくなっていく。今年の春は早くやってきそうだ。今日の弦代池のカモたちも、そろそろ北帰行の準備をしなければ。

20240214_img_5429

玄関先のメダカたちも、暖かい日中は餌に寄って来る。

20240214_img_5431

そうこうするうちに、ひな祭りも間近か。

20240214_img_5434

春はあけぼの・・・・・・の季節が近い。

| | コメント (5)

2024年2月 6日 (火)

雑1088:関東にも雪

昨5日は午後から雪が降り始めた。ボタ雪だが、夕方にはかなりの積もり具合。

20240205_img_5412

夜じゅう降って、今朝には止んだが、関東としては大雪と言える数センチの雪景色。

20240206_img_5419

今日は一日曇り空だったが、気温は0度以上あったので、雪も融けていき、午後には車の通る道はほぼ支障なく歩けるようになった。昨日は午前中にウォーキング、今日は午後にウォーキングで、5千歩/日をクリヤした。

| | コメント (8)

印299:大楽必易を仿(ほう)刻

新潮社の月刊PR誌「波」の2月号の表紙、楽譜の上に「大楽必易」のデザインに目を引かれた。

20240130___2_001

解説をたどっていくと、東京音大学長で作曲家の伊福部昭が、色紙に記した篆書だと。呉昌碩風だが、のびのびとした感じが気に入ったので仿刻してみた。他にも良さそうな篆書がある。

パソコンでスキャンして、文字を切り出して配置し、左右反転する。あとはアナログ的に石に布字してカリカリと切っていく。

20240205__img_5414

出典は司馬遷の「楽書」から「大礼必簡 大楽必易(すぐれた礼節はわずらわしくなく簡素で、すぐれた音楽は平易である)」

20240205__001

40ミリ角。まずまず気に入った仕上がりとなった。

| | コメント (2)

2024年2月 4日 (日)

印298:裏打ち

3月の篆刻会展に提出する篆刻と篆書は出来上がったけれど、作品を裏打ちして表装しなければならない。7文字×2行の大きな篆書は、表具屋さんに渡して軸装してもらうのだが、半紙大のものは手軽なアイロンがけ専用紙で、自分で裏打ちして額装する。必要なのはアイロンと霧吹き。

Img_5404

一年ぶりの作業なので、トリセツをよく読み直す。半紙の裏面から霧吹きで濡らして、生乾きにするのだが、どれぐらいが適正な「生乾き」なのかが判断の難しいところ。まあ何とか、予備を含めて3枚、まずまずの出来具合に仕上がった。

Img_5407

書道や篆刻を習っているので、自分でもやってみようか、という方は、下記のトリセツをご参考までに。

(↓クリックして拡大)

20240204_

1、2枚失敗してみれば(~_~;)、後は意外と簡単にできます。

| | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

遊408:昔の会社のOB新年会、その後 芝増上寺へ

如月朔。今日は、昔の会社のOB・OG会主催での、「首都圏新春懇親会」に出席してきた。会から喜寿お祝い金をいただき、会誌に短いエッセイを寄稿した義理もあるので、リタイヤ以来十何年ぶりかで初めての出席。

早めに家を出たので、JR新橋駅からぶらぶらと歩いて、会場の芝の東京プリンスホテルに11時過ぎに着く。この辺りはあまり来たことが無かったな。背後には東京タワー、隣は徳川家菩提寺の増上寺。というか、元々は全部が増上寺の境内だったもの。

20240201__img_5351

鳳凰の間で12時に開会、会長挨拶、乾杯の後はテーブルとバイキングの料理で飲んだり食ったり。

20240201__img_5360

参加者数が、去年は400人、今年は500人と思った以上の大人数だったが、酔仙よりも年上の先輩方が多くて、酔仙の顔見知りは数人程度。さすがに大企業というべきか。日本の会社のオジサン組織の断面が表れているなあ。あちらが亡くなったり、こちらが亡くなったりする前に、会えるうちには会っておきたいもの。

20240201__img_5357

2時間ほどで閉会。せっかくなので、隣の芝増上寺にも初参拝。山門、本堂と立派なもの。広い境内だが、江戸時代から戦前まではこの何倍もの境内だったのか。川瀬巴水の雪景の版画でも有名な山門。

20240201__img_5383

本堂の背後間近には東京タワー。

20240201__img_5378

ご朱印も2枚いただけた。真ん中に葵のご紋はさすが。

20240201__

世のサラリーマン諸氏の働いている時に飲む昼酒は美味い。門前を地下鉄大門駅まで下って、新橋経由で明るいうちに無事帰宅。これで今年の新年会の予定は全て消化。

| | コメント (2)

2024年1月31日 (水)

雑1087:梅の花開く

睦月盡。能登半島震災後の日本海側には大雪。関東平野は空っ風だが、風が止めば暖かい陽射し。ウォーキング途中で気がつけば、梅の蕾が膨らみ、ちらほらと花も咲き始めている。

20240130_img_5344

一月中のウォーキング実績は、目標5千歩/日に対して、一日だけ未達成!。あそこで気を抜かなければよかったのだが。

(~_~;)

2024013120241

来月はまた再挑戦を。

| | コメント (4)

2024年1月23日 (火)

遊407:春日部で昼酒新年会

昨22日は、昔の会社の同期の北関東会で新年会。お昼に春日部駅西口に集合して「目利きの銀次」へ。酔仙最寄りのHW駅とは違って、春日部駅前には赤提灯🏮の店が沢山あるので羨ましい。

取りあえずビール。それから料理、鍋、酒。他人様が働いている時間に飲む昼酒はやはり美味しい。(><)\ボキャッ

20240122__img_5304

今回は7人が集合。約2時間、賑やかな宴会を楽しむ。壁にクマモンや背丈測りの目盛り、その他すべり台まであるのは、この部屋がお子様連れのグループ部屋も兼ねているから。

20240122__img_5320

二次会には加わらずに帰途につく。酔い醒ましにと、一駅歩いたが、酔いはあまり醒めずに、足だけ疲れた。👣
午前中に歩いた分も合わせて16千歩はちょっと歩きすぎたか。

| | コメント (4)

雑1086:お年玉付き年賀はがき

今年のお年玉付き年賀はがきは、17日に抽選会、18日~7月17日までが引き換え期間。切手シートは下2桁が、71、69、00、なので、確率的には100枚に3本の当たり。🎯

20240123__002

酔仙家では今年の年賀状は約100枚と、例年の半分以下になったので、当たりは辛うじて2枚だけ。まあまあ良しとするか。

20240123__001

この頃の切手は、裏糊式からどれもシール式になってしまって、味気ない。10年20年と保存した場合シールの粘着剤が劣化したりしないのだろうか、ちょっと心配。切手収集家の方に聞いてみたいものだが。

| | コメント (4)

«遊406:新宿で新年会ランチ