2019年11月18日 (月)

遊351:帰省二日目、唐川の赤後寺(しゃくごじ)に参拝

帰省二日目の16日。従兄が介護施設に入所中なので、午前中に従姉などと3人でお見舞いに行く。その後、廻鮮寿司「海座」で昼食をご馳走になり、別れてから一人で赤後寺(しゃくごじ)へ向かう。ここも地元の同級生のブログで知った寺である。

長浜市も先の合併でやたら広くなったが、ここは車で30分ほど、旧の高月町唐川という村である。着いてみると、静かなたたずまいの村の背後が小山で、その山裾に石垣を構えた、立派な古刹がある。

20191116__img_2835

入口には鳥居。石段の上の境内には、赤後寺の本堂と日吉神社とが仲良く同居。

 20191116__img_2849
20191116__img_2847

それとは別に、一段下には、二回り大きな本堂の浄土真宗の長照寺があり、報恩講の読経が聞こえてくる。

20191116__img_2852

赤後寺は、この浄土真宗の長照寺とはまた別に、村の内で11班の当番を組んで、毎朝に炊いたご飯をお仏供さん(おぶくさん)に供え、参拝の人々の応接をしているのだという。神仏習合、天台と真宗の棲み分け、三重構造を目の当たりに見られる光景である。

ここに古代信仰の磐座があれば、完璧な四重構造だが、本堂左側の岩壁はコンクリート吹付の擁壁なだけだと。残念。

ちょうど観音の里巡りのツアーの団体さんが参拝を終って帰りかけたところだったので、その後続けて、酔仙一人で説明を聴かせていただいた。普段は本堂は閉められていて、ケータイでその日の当番のお家を呼び出して、お堂を開けていただけるのだと。ご本尊二体は、撮影は禁止だが、内陣で荘厳なお厨子を開けて、眼近く参拝させていただいた。

どちらも、腕、光背を失っているが、お顔や本体は良好な保存状態。向かって左側、千手観音は、平安初期のずんぐりまっすぐスタイル。右側、聖観音は、平安中期のちょっと腰をひねった形。渡岸寺の国宝十一面観音ともちょっと似通っている。

(↓写真はネットから引用)

20191118__interview02b_08

20191116__

思っていたよりも立派な伽藍とご本尊に接することができ、村の人々とのかかわりも垣間見られて、興味深い参拝だった。また、湖岸道路沿いに引き返す。ちょっと時間もあったので、尾上港で、右正面に竹生島、人影のない漁港風景などを撮る。

20191116__img_2860

一泊二日、忙しい帰省の予定をすべて消化して、無事に帰宅。次回はどこを巡ろうかな。

 

| | コメント (6)

遊350:帰省一日目、海津大崎の大崎寺観音へ

酔仙は、帰省とは言っても、滋賀には墓石が残っているだけ。でも年に一二度、知り合いとの寄合いがあり、墓参を兼ねて故郷の古い神社仏閣をレンタカーで巡ることができるのがありがたい。

先週の15日は昼前にひかり号で米原駅に到着。ネット予約しておいたレンタカーを借り出して、まずは墓参を済ませる。市営墓地なので、安い管理料できれいに手入れされているのがありがたい。

そこから湖岸道路を北上してトンネルをいくつか抜け、1時間余りで琵琶湖の北端、海津大崎に着く。ここのびわ湖沿いの道は桜並木で有名なのだが、この季節は紅葉ばかりで観光客はほとんど見かけない。桟橋だけの港の背後、すぐに石段を二折れ三折れ登ってゆくと本堂に出る。

20191115__img_2789

堂守りのオジサンに御朱印をいただいて、話を聞いたりする。内陣には入れないので、ご本尊は良く見えない。

20191115__

本堂の隣の小さな阿弥陀堂は、安土城落城の時の木材を使った血天井で今でも梅雨時には血痕が云々、との説明書き。山道を少しだけ歩くと、竹生島も眺められるポイント。昔はもっと眺めが良かったのだろうが、樹々が伸びて来て妨げている。途中の祠も既に半壊状態。境内を整備して、ご本尊と湖の景観をセットで、湖北観音の里巡りコースに売り込めば、もう少し流行りそうなのだがなあ。

20191115__img_2786

まだ時間があったので、マキノ町海津の街を少しだけのぞく。古い町並みに湖岸の石垣はよく似合っている。

20191115__img_2807

長浜まで戻って駅前の定宿にチェックインして一休み。街の通りを少し歩いたが、夕方5時半で、ほとんどの店がシャッターを下ろしていた。さて、いつもの知り合いと5人で焼肉のテーブルを囲む。美味しい肉がふんだんに運ばれてきて、ついつい食べ過ぎてしまう。

20191115__img_2820

満腹、々々。やっとホテルに戻り、湯を浴びて一日目を終えて、就眠。ご馳走さまでした。

 

| | コメント (2)

2019年11月14日 (木)

印212:更に4顆、子年印を追加

今年は、40顆まで干支の「子」印を彫ったのだが、サークルやら、老人会やら、次男の結婚式やらで、あらかた配り切った。明日は滋賀まで一泊帰省するのだが、手ぶらでも何だし、昨晩のうちに残っていた印材で、さらに4顆を彫り上げた。

20191114_4_img_2752

累計で44顆と、粗製濫造の年になったなあ。12月には忘年会もあるし、もう少し彫ろうかな。いや、別に押し売りして回っている訳ではありませんが。

20191114_4_001

いずれも、三分(9ミリ)角の朱文。

 

| | コメント (2)

2019年11月 6日 (水)

雑725:さくらの里交流会

酔仙の地区の民生委員は30名余り。地元の障害者通所作業施設の「さくらの里」でボランティア活動を続けている。毎年12月には全員でクリスマス会を兼ねた交流会を開いているが、今年は11月末での委員の一斉改選の都合で、昨5日に開催された。

開会の挨拶の後、"GUTS!"の歌、しりとりゲーム、恒例のビンゴゲームで一緒に楽しんだ。

20191105__kc4b1164

酔仙はいつもビンゴゲームには弱いのだが、まあ、なんとか賞品のパンジーの苗ポットをいただけたのでよかった。

20191105__kc4b1167

閉会してから、すぐ近所の料理屋さんに席を移して、昼食会。ランチコース2,000円が、消費税便乗で2,200円になったが、それでもこの値段で品数、量とも十分なお料理を満喫出来てお値打ちである。今の委員が揃って食事をするのも今回が最後。

20191105__kc4b1172

今月は公私に多忙な予定が詰まっているが、さて、もう少し頑張ろうか。

 

| | コメント (2)

2019年11月 3日 (日)

印211:子年小印、8顆を追加

子年の賀状用の小印を32顆まで彫ったが、サークルや寄席やらであちこちにあらかた配ってしまった。なので、あと8顆を追加で彫って仕上げた。ちょうど40顆、これで打ち上げるか。今年は粗製濫造、鼠算の年のせいかも。

20191103_8_004

いずれも9ミリ(三分)角の朱文。

20191103_8_001

配り残すと12年後まで在庫になってしまうが(笑)、今月はいろいろと行事で集まる機会が多いので、まあ何とか捌けるだろう。

 

 

| | コメント (5)

2019年10月28日 (月)

印210:薤露シリーズ2作目

先月の、「印207:薤露印」で薤露の挽歌が気に入ったので、連作で作成中。2作目の「韭上露何易晞」(ニラの上の露はなんとかわきやすいか)が、昨日の教室で先生に補刀をいただいて出来上がった。

20191028__img_2573

16×75ミリ。まあ、だいたいこんなものか。

    20191028__001

最初の、太枠に細字のスタイルが気に入ったので、残り3作もそれで行ってみようかな。先生のアドバイスでは、枠の細い所には字画をくっつけて、枠の太い所には字画を離す、というのがバランス上良いと。なるほどなあ。

 

| | コメント (2)

雑724:K日向ゆうゆうクラブの定例懇親会とK日向寄席

26日(土)は、K日向ゆうゆうクラブ(町内の老人会)の第165回定例懇親会と、第6回K日向(神無月)寄席が開催された。別々の主催なのだが、せっかくだからコラボで協力しましょう、ということになった。昨25日の大雨はすっかり抜けて好天となって良かった。

酔仙はクラブの事務局なので、お菓子、お茶、お弁当の手配などで朝から走る。お菓子には、令和記念の「やわらか」金銀セットも。

20191026__img_2556

今回は特にイベントも無いので、9月10月のお誕生日祝いの写真の他は、お食事お茶をしながらの雑談など。お年寄りの健康には、出かけていってしゃべることが第一。閉会後、希望者が寄席の会場へ移動。

20191026__img_2561

三遊亭鳳好師匠を迎えての、席亭のKさん主催のK日向寄席ももう6回目。今回は広い集会室の方を使ったので、町外や当日客も含めて100名ほどの盛会となった。

20191026__img_2563

「禁酒番屋」の後、休憩後は、今日のメインの「中村屋仲蔵」。下積み役者が山崎街道の斧定九郎の役で大当たりを取るまでの人情噺だが、ノーカット版でやるから1時間を大幅に越える熱演で、じっくりと聴かせてもらえた。酔仙などは子供の頃から祭りと地方歌舞伎の世界で育っているのだが、普通の人には、前提となる歌舞伎の解説を補わなければならないのが、大変なところだろうか。

20191026__img_2564

寄席の終ったあとは、師匠を囲んでの二次会で、酒肴をいただきながら、皆さんの色々なお話が飛び交う。楽しい一日を過ごして、無事に帰宅。

 

| | コメント (4)

遊349:大雨の中、上野でクラス会

25日(土)は、幹事役の恒例の秋のクラス会を上野で開催。ところが、台風21号と低気圧とのコラボによる大雨前線が関東に襲来、もろに豪雨のピークと重なってしまった。この頃の天気予報はよく当たる。(T_T)

10時上野公園入口の東京会館集合。酔仙はレインコートに軽登山靴で早めに出かけたが、どれぐらい欠席者が出るかを心配。ところが、土砂降りの中、予定の13名全員の顔が揃った。2月に亡くなったK君の訃報を伝えるが、皆、明日は我が身かもと。

20191025_j3__img_2521

当日の予定は、東京国立博物館と三菱岩崎久弥旧邸めぐりだったが、まあ、せめて東博ぐらいは行きましょうか、ということに。わずかの距離だが、足元は結構濡れてしまった。入館料は一般展示620円だが、70歳以上は無料で、得をした感じ。京都、奈良に並ぶ国立博物館だから、展示内容はさすがに濃い。旧本館の2階を一巡するだけですぐ1時間が経ってしまった。無料なら暇なときにぶらりと遊びに来るのに良い所だ、との声が。

20191025_j3__img_2517

上野駅まで引き返して、大歩道橋3階はずれの「のもの居酒屋 かよひ路」でランチコース。飲み放題もついて3,600円はお得だった。近況報告などいろいろ、関西から駆けつけていただいたT君、F君、ありがとうございました。

20191025_j3__img_2541

食後は、上野駅向かいの〇I〇Iビルの喫茶室へ移動して、オジサンたちのダベリ会。

20191025_j3__img_2545

散会となって帰途につくころになって、やっと雨も弱まってきた。やれやれ、天気ばかりは仕方がないが、これにこりずまた来年も楽しく集まりたいものだ。

 

| | コメント (4)

2019年10月25日 (金)

腹004:今朝の電車の優先席で

12年ほど使ってなかった「今日の腹立ち日記」のカテゴリーだが、今朝はとっても腹が立ったので、アップしておこう。なお、酔仙のブログ記事をカテゴリー別に読みたい方は、画面右サイドの「カテゴリー」欄の項目をクリックすると記事を絞り込めます。

今朝は台風21号と低気圧の影響での大雨の中、上野でのクラス会のために、早めにJR宇都宮線の電車で出かける。かなり混んできたが、優先席が空いて座れたのでほっと一息ついて休んでいると、隣の人が立って席が空いた。するとそこへ20代ぐらいの若いニーチャンがグイと座りこんでゲーム機を使い始めた。けれど、すぐそばには、ちょっと大儀そうにポールにつかまっている年配のオジサンが。さすがに見兼ねて声をかけた。

酔)そちらに大儀そうな人がいるので、ちょっと席を譲ってもらえませんか?

若)・・・無言でゲームを続ける

酔)・・・2,3度繰り返して・・・聞こえてますか?

若)金を払って乗ってるんだから譲ることはないだろう

酔)そういうことではなくて、弱った人には若い人が譲るもので、ましてここは優先席でしょう。

若)だったらあんたが譲ればいいだろう

酔)私は見た通り杖をついてるでしょう。あなたは若いんだし譲るべきでしょう。

若)年寄は金を持っているんだから、座りたければグリーン車にいけばいい

酔)あなたの親が目の前で立っていたら同じことを言いますか

若)ウチの親は電車なんかには乗らない

酔)ベンツに乗るような親がこういう息子を育てるんですね

若)・・・無言でゲームを続ける・・・無言でゲームを続ける

酔)私は次で降ります。あなたは若いんだから忠告しておきますが、意地を張ってしまったのなら仕方がない。反省することがあったら、次はちゃんと譲ってあげてください。あなた自身の将来の為ですよ。

若)・・・無言でゲームを続ける・・・無言でゲームを続ける

 

人から声を掛けられても、向き合って話そうとしない。理非をわきまえることもなく暴言を吐く。いったいどういう育てられ方をしたものか。このニーチャンは更生できるのだろうかなあ。周りの乗客は、皆知らぬ顔でよそを見ている。やはりこの国の山河亡国の兆しだろうか。

えっと、クラス会の報告はまた追ってアップします。取りあえず、モヤモヤを吐き出して、と。

 

| | コメント (6)

2019年10月20日 (日)

路319:駅の階段で親切な表示を

全日中展を見に出かけたJR北浦和の駅で、ホームから階段を上がろうとしたらこんな表示が。

20191020__img_2482

うむむ、階段を一段上がれば0.1kcalのカロリー消費か。

この"小さな親切大きなお世話"の表示のおかげか、今日は一日で8千8百歩を歩いた。(笑)

 

| | コメント (4)

«遊348:浦和へ全日中展を見に行き、デパート歩きなど