2021年10月23日 (土)

雑889:今度はメルカリを騙る詐欺メール

今朝、「メルカリ事務局からのお知らせ クーポンコード3483」という表題のメールを受信した。酔仙はジモティは使うが、メルカリで売買したことは一度もないので、ン? 内容を読むと、「すぐに5000円のポイントを受けとります。」という日本語がちょっと怪しい。差出人のメアドも、「info@bywmzd.cn」と とっても怪しい。

(↓クリックして拡大)

20211023_001_20211023105101

念のため、この表題をコピペしてググってみると、フィッシング詐欺メールの警告がぞろぞろと出てきた。やっぱりなあ。

20211023__002_20211023104401

皆さんも、コロナと詐欺メールに気を付けましょう。

 

| | コメント (0)

2021年10月20日 (水)

本224:ゴールデンカムイ(野田サトル)を27巻まで読了

電子マンガのスキマで、ゴールデンカムイの27巻までを読了した。明治の北海道から樺太にまたがっての、冒険とサバイバルの綺譚。奇想の大展開と、間を埋めるアイヌの狩猟生活の緻密な描写。とはいえ、週刊ヤングジャンプでの2014年の連載開始以来7周年目、話はまだまだ進行中。今回は、鶴見中尉が明かす過去の伏線の壮大なつながり。続編に目が離せない。

20211019_

一巻が564コインとちょっと高めだが、一巻で10話/約200頁と読みでがある。1~10巻までは無料サービス、1円で1.2コインの割引購入サービスもあるので、((27-10)話x564コイン÷1.2円)÷27話=実質295.9円/話だから、まあお値打ちだと思う。

電子書籍もだいぶん普及してきたが、マンガなら場所を取らずに読めて(見て)ありがたいものの、文章を読んで頭に理解しようとする作品ではツルツルと上滑りしてしまう感じがする。

 

| | コメント (2)

2021年10月18日 (月)

雑888:鳥の巣を拾う。病気自慢がまた増えた(緑内障)。

今日のウォーキング途中で道端に鳥の巣を見つけた。手のひらに納まるほどの可愛いもの。シュロの毛やビニール紐の筋などが寄りあわされている。

20211018_kimg0021

街路樹の刈り込みで捨てられたものだろうか。酔仙としては、街路樹や公園の樹はチマチマと切りこんだりせず、下は見通しよく幹だけを残し、上は十分に枝葉を繁らせるのが良いと思うのだが、それを目の前に住んでいる人にとってはまた別か。

20211018_kimg0023

 

さて今夕、2年半ぶりのA眼科での検診結果は、緑内障で右眼が中期ぐらいで視野欠損あり、左眼は初期、との判定。眼圧を下げる目薬を点滴して、2週間後に再診しますと。(T_T)

20211018_kimg0025

膀胱憩室/結石に続いて病気自慢がまた増えた(~_~;)。86歳で亡くなった酔仙の母親も緑内障だったな。まあここまで来れば病気が先か寿命が先か、開き直るしか無かろう、と。

| | コメント (2)

2021年10月15日 (金)

雑887:スマホの付属品が届いた

アマゾンに注文しておいた、スホケース、保護フィルム、充電・接続ケーブルが届いた。ローマ字入力にはタッチペンが便利だが、そちらは百均で間に合いそう。充電アダプターとUSB Type-Cケーブルとのセットは、家でも出先でも充電できるし、写真データのパソコンへの転送も出来るので便利。ただ、実際にパソコン側の画面から転送の操作をしてみたら、スマホ側の画像をサムネイルで見ることが出来ないのは何故かな?必要な画像を見分けられないので、一度転送してから改めて振り分けるしかないか。写真一枚の容量は、ガラケーが約1MB、スマホが約2MB、デジカメが約5MB。きれいな写真を撮るには、やはりデジカメと併用か。

20211015_img_6984

保護フィルムは一度できれいに貼れた。待ち受け画面には、おなじみの信楽焼のタヌキを設定。

20211015_img_6987

いろいろといじっているうちに、だんだんと手に馴染んでくる。

 

 

| | コメント (4)

2021年10月11日 (月)

雑886:とうとう、やっと、ようやく、スマホを購入した

一億総スマホの流れに抗してガラケーにしがみついていたが、来年3月での3G電波停止が迫った。頽勢逃れがたく、とうとう今朝は、auショップに出かけて、不本意ながら、スマホを購入した。BASIO4-KYV47。

20211011__img_6980

窓口で2時間がかりで、説明、契約、設定を済ませて本体を持ち帰った。さて、ここから一々の機能の使い方をマニュアルや教室で身に付けていかねばならない。慣れるまでが大変だろうなあ。

 

| | コメント (12)

2021年10月10日 (日)

本223:久しぶりに「こち亀」を

ネットサイトの「スキマ」で、「こちら葛飾区亀有交番前派出所」の1巻~10巻の期間限定特別無料公開をやっていたので、久しぶりに読み返した。1976年の少年ジャンプ連載開始以来だから、最初の頃の時代背景なども懐かしい。

20211010_kc4b1311

そういえば、その頃はまだ東北新幹線も出来ていなかったか。(笑)

楽しく読ませてもらったが、さて、201巻まで全部購入するには結構な金額がかかるなあ。

 

 

| | コメント (2)

2021年10月 8日 (金)

雑885:パソコンサークルがやっと再開された

週一で続いていたパソコンサークル。昨年末に写真アルバムソフトの講座が一段落して、では次は酔仙が講師役でWordで写真レポートの作り方を、と教材を準備したとたんにコロナ休講になってしまった。

第5波も下火になったようなので、一昨日6日からやっと再開の運びとなった。皆さん久しぶりに顔を合わせるのが楽しみで、参加者13名の盛況。同じテーマで5年前にもやっているが、それでは最初からもう一度と。やはり実際に手を動かして使っていないと、覚えたことも忘れてしまう。自動車の教習所とよく似ている。

20211006_img_6969

お勉強の後のコーヒータイムも復活したので、まあ慌てずのんびり、楽しくやっていきましょう。

 

 

| | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

雑884:メダカの引っ越し

出窓に置いた小さな水槽で、卵から育てたメダカの春仔に続いて、第二陣の夏仔もかなり大きくなったので、そろそろ大人の仲間入り。ちょうど10匹が育ったがかなり大小の差がある。

20211004__img_6960

大きめの5匹は、外の玄関先の水鉢に放して親メダカと同居。小さめの5匹は、室内の熱帯魚用の水槽に移してもう少し面倒を見ることにしよう。先日、レッド・ソード・テールの最後の一匹が病死して、コリドラス・パンダの古株のギンさん独りになってしまったので、ちょうどよかった。暖房付きなので冬でも成長するかな。

20211004__img_6963

 

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

雑883:ハッピーエール券

S手市から、「ハッピーエール券」二人分計2,000円が届いた。景気浮揚のためのバラマキ方策。ヘリコプター・マネーとも言う。金額的には竹とんぼ程度か。市の人口が5万人だから、5千万円と手間賃とがかかっている。コロナ対策というよりも地元商工会対策か。総論はさておき、各論として少しは美味しいので、使ってあげよう。

20211003__kc4b1309

 

10/3 追記

ヘリコプター・マネーとか、パンとサーカスとか、この国の現状を考えていくとその先は、ベーシック・インカムの発想をそろそろ真面目に検討してもよさそうだ。

原始的なムラの社会では、ムラの成員の誰もが最小限の食い扶持を得ていたという(楢山節考では限界での切り捨てを描いているが)。ムラが、国に、世界に、と拡大していく。その中で、底辺の階層をどう養っていくのか?もしくは、どう分離固定するのか?どう切り捨てるのか?どう引き上げるのか?それとも、革命なのか?

日本国憲法第25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

取りあえずベーシックインカムが実施されたとする。働いても働かなくても働けなくても、人民一人々々の腹を満たして、子供は小中学校の義務教育を無償で受けられる、「最低限度の生活」。その一方で、働いても働かなくても相応以上の収入を得て、子供に学歴を与えて、目指すは次の階級。なんかまずい分断社会のような。

中国五千年の歴史を見ると、人口増加>食えない>戦乱飢餓疫病/革命>人口減>安定>人口増加、の繰り返しである。戦乱によらず、平和時に人口減少に向かっているこの国は、人類歴史上はじめての試行ケースかもしれない。支配層による階級分断、利益独占ではなく、万民が鼓腹撃壌できる社会とは何なのか。誰かがそのイディアを提示しなければならない。

 

| | コメント (4)

2021年10月 2日 (土)

雑882:銀杏(ギンナン)拾い

早くも神無月となった。酔仙の団地の真ん中を東西に走る広い道は、両側の歩道がイチョウの並木になっている。イチョウを植える時に、果樹園なら雌の株だけ、街路樹なら臭い実を避けて雄の株だけを植える。ただし、実生の苗では雌雄の区別がつかないので、挿し木や接ぎ木で作った雌または雄の苗だけを植える。でも北側の列には何本も雌の木が混じっているのは、手抜きしたのかな?

20211002_img_6946

最近は銀杏の実を拾う人も少ない。今日のウォーキングのついでに少しばかり銀杏拾いをしてきた。この臭い果肉を潰して、中の実を水洗いするのが一仕事。果肉汁が肌に触れるとかぶれるので、ポリ袋で手を包み、終わったら石鹸で手洗い。

20211002_img_6942

天日で乾かしてやっと一握りばかりの収穫。樹がまだ小さいので実も小ぶりだが、酒の肴に風情を添えるだろう。

20211002_img_6945

 

 

| | コメント (2)

«雑881:シャトルバス運行の最終日