2017年7月26日 (水)

雑570:ナマズの街で会議

昨25日は、民生委員の県東ブロック会長連絡会議で、自宅から車で1時間ほどの、その名も「吉川市民交流センターおあしす」に出かける。中川と江戸川に挟まれた、ナマズ料理が名物の街である。

20170725_001

10数市町村からの参加で、午前中、吉川市長のあいさつや講話など、午後はグループ討議。なかなか活発な意見が飛び交う。

閉会後は中川のたもとの「福寿屋」に場所を移して交流会。ナマズ料理は出なかったが、なかなか器にも凝った上品な料理だった。清酒「なまず御前」は、残念ながら運転のため飲めなかったが、舌先でぺろりと舐めたら、ちょっと辛口の美味しそうな味だった。

20170725_012

6時にお開き。せっかくなので、JR吉川駅に寄り道して、南口の金の親子ナマズの像を撮ってから、小雨のぱらつく中を帰宅。次の機会にはなまず御前でナマズ料理を食べたいなあ。

20170725_022

昨日初めて知ったのだが、毎年の主催が持ち回り制になっていて、なんと酔仙のS手市は再来年、2019年が当番。こりゃ、早い目に準備に取りかからねばなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

雑569:エプソンの新しいプリンター、エコタンク搭載型に買替え(4)設置完了

今日午前中は、蒸し暑い天気の中汗を流しながら、新しいプリンターを据え付けて、パソコンとの接続を済ませ、何とか一通り稼働するようになった。白色(旧機)から黒色(新機)への移行完了。

20170723_006

今度のエコタンク搭載型は、4色の70ml大容量インクボトルを、本体右側のインクタンクに一気に充填する。

20170723_008

予備にもう1セットX4色分のインクボトルもあるので、当分はインク切れの心配なくどんどん使えそうだ。

20170723_007

海外では大容量インクタンク型が既に標準になっているのだが、今まで日本ではプリンターメーカーの寡占カルテルで、激安プリンター+暴利「純正」インクカセット商法という「ビジネスモデル」が横行してきた。しかし、ユーザー側もこれに対抗して、激安プリンター+格安不純インク→壊れたらプリンターを買い替える、という方法をとるようになった。結果、メーカー側は、インクは売れず激安赤字プリンターばかり売れるという窮地に陥ったのだろう。まあ、自業自得ではあるが。

酔仙も、エプソンの旧型の暴利インクカセット商法に恨みはあるが、まあ、今回は業界の舵を切る先頭に立っていることでもあり、ひとつ腰を据えて4~5年は使いこんでみたいものだ。ヤマダ電機の追加4年保証もセットしたので、このプリンターには名誉挽回で頑張ってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

雑568:エプソンの新しいプリンター、エコタンク搭載型に買替え(3)ちょっと寄り道して、「御中」

これは一般論ですが。エプソンへキャッシュバック請求を郵送しようとして、ふと気にかかったのが、返信用封筒に印刷されている、「~~行」「~~宛て」の文言。

前々から気にかかっていたのだが、これって、すごく無礼なのではなかろうか。

20170722_002_2_2

「こちらは一応謙遜して、『~~行』と印刷しておくから、そちらで気を遣って、一々手書きで『御中』に書き直してね。書き直し漏れがあったら笑っちゃうからね。」って、酔仙のひがみですか?

酔仙もお仕事現役中は、毎日何十通何百通と、「御中」のゴム印をペタペタ捺しながら、矛盾を感じていた。賛同いただける方は、まずご自分の印刷する返信用はがき、封筒に、「御中」「様」と記入するように、よろしくお願いいたします。

賛否各論は、ぜひコメント欄へ。お待ちしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雑567:エプソンの新しいプリンター、エコタンク搭載型に買替え(2)キャッシュバックって

エプソンの新しいプリンターを買って帰ったものの、\5,000のキャッシュバックを受けるためには、同封の保証書をコピーしてエプソンに郵送し、送り返されてきた郵便為替を現金化して、という手間暇がかかる。最初から現金ベースで値引きしたほうが、よほど売り上げ増に役立つだろうに。

郵送前には、いっぱいアンケートに記入しなければならない。買替え前のメーカー、機種は何ですか、利用目的・枚数は、等々。なるほど、経営戦略の大転換に当たって、このアンケートが欲しかったわけか、と書きながら納得。けっこう詳しい、エプソンにとっては貴重なデータが、ほぼ100%回収できるわけだ。

20170722_002_2

このシリーズを、個人ユーザー、業務用ユーザーどちらに発展させるかの判断材料としても貴重だろう。意図はわかったが、郵送用切手¥82を客に貼らせるというのは、ちょっと問題だな。

ところで、郵送先が、「沖縄郵便局留」となっているのだが?あちらの方が人件費が安いからだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑566:エプソンの新しいプリンター、エコタンク搭載型に買替え(1)

今使っているEpsonのインクジェットプリンター複合機、PX-501Aが、そろそろ限界になってきた。プリンター本体を激安にしてインク代で稼ぐという、例の阿漕なビジネスモデル(業界トラスト)である。酔仙は断固として、ダイソーの¥200リサイクルカセットを使ってきたが、次々に目詰まりを起こして、白黒印刷だけに利用していたが、使ってもいない他の色のカセットもどんどん残量を減らしてしまう。その上、最後の黒色もかすれてきた。

先日、ヤマダ電機で家のエアコンを増設したら、2ヶ月限定の¥10,000分のポイントがついてきたので、この際プリンターを買い替えることにした。

エプソンはこりたので、今度はキャノンの1万円前後で、ダイソーの詰替えインクを使えるものにしようかと思っていたのだが、いろいろ見て回っていると、エプソンから新しくエコタンク搭載型のシリーズが発売されている。インク代のコストパフォーマンスは一桁安くなるし、インク切れのストレスも無くなるが、機械本体もそれなりのお値段。けっこう迷う。エプソンも、国内業界カルテルだけでは限界と悟って、海外標準シフトに先鞭を切ったのだろうか。

キャッシュバック¥5,000もあります、というので、思い切って、もう一度エプソンに騙されるつもりでこちらを買ってきた。本体、¥37,022(税込)

20170722_001

さて、使い勝手はどうだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

雑565:マウスを入れ替える

ここ1、2週間ほど、NECのパソコンのマウスの動きがおかしい。左クリックでドラッグしようとすると、途中でオフになったり、ブツブツと途切れたりする。マウス設定で左右クリックの機能を入れ替えると、右クリックでは正常にドラッグできる。

ネットでググってみると、やはり5年ほども使っているので、最も酷使する左クリックのセンサーが経年劣化したらしい。ヤマダ電機で新しく Buffalo のマウス(黒色、Mサイズ)を買ってきた、¥1,820+税。今度は無線式なのでマウスの尻尾もない。

20170715_004

取りあえず順調に動いている。反応のタイミングなどのずれは、追々調整していこう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

雑564:乗鞍高原学生村の追憶

小学館の「本の窓」7月号を読んでいたら、昆虫マニアでもある奥本大三郎氏の連載エッセイ「蝶の唆(おし)え」に目がとまった。

20170712__001_3

半世紀前の学生時代、酔仙も乗鞍高原で仲間たちと合宿していた。所も同じ「番所」の学生村民宿。奥本氏より 3、4年ほど後になるだろうか。

20170712__002_2_2 20170712__002

酔仙たちは、まさにこの六法全書グループだったのだが。幸か不幸か、高原の風は爽やかで、蕎麦畑は真っ白な花の絨毯、打ちたてのソバはうまいし、滝を巡る散歩道もあり、宿にはかわいいお姉さんたちも次々と泊りにやってくるので、夕食の席は華やかだった。

10日ほどの合宿を終えて、ほとんど読まなかった六法全書を背負って山を下りたのだった。

人生に if は無いのだが、これもいくつかあった曲がり角のひとつだったのだろう。七十まぢかともなると、昔のことが時に苦く、時に甘く思い出される。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

雑563:CATVの撤収後は何に乗り換えるか

先週の6月30日で、酔仙の町内のCATVの機能が半分撤収完了し、残る地デジTV波の配信も来年1/26で完全撤収となる。

自治会の新役員の代表区長会の皆さんが奔走して、IP管理会社や、あちこちの通信会社、電設業者とも条件折衝を重ね、いくつかの選択肢を具体化していただいている。

・旧来の八木式アンテナ(酔仙として、これは景観上からも止めてほしいが)/外壁貼り付け式アンテナ/天井裏式アンテナ

・光回線によるTV波配信/新規CATV局による配信、等々

20170706catv_003

酔仙も、7月1日(土)のNTT東日本の説明会と、2日(日)J:COMの説明会とに出かけてきた。NTTでは、あれもこれもと詰め込みすぎの感じが。J:COMでは、12月の新規開局を踏まえて、地デジ波の配信のみなら月額500円、に絞り込んでの売込みが効いたような。

多くの家庭は、インターネット、光電話、BSアンテナなどは既に設置済みなので、地デジ波の乗換えだけできれば十分、といえるか。自前のアンテナを新設するのは、5年、10年もてば割安だが、その前に、4Kだ8Kだとかで、TVシステム自体が変わってしまうと辛いところ。

酔仙も、ぼちぼち結論を出さなければいけないなあ。

7/12 追記

結局、J:COMに乗り換えることにして、仮申込書を郵送した。取りあえずは地デジ配信¥500/月にして、落ち着いたら、プロバイダー、インターネット、ひかり電話など含めての再編を検討しようか。今の nifty のメアドやブログを変更せずに乗り換えるプランもあるとのことだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

雑562:CATVが半分終了

K日向の1丁目から4丁目までをカバーするCATVの機能が、今日6/30をもって半分終了する。記録として書いておこう。といっても、町外の人にはぴんとこないだろうが。

酔仙が平成元年にここの団地に入居した頃、全戸に有線のネットが設備済みだった。24時間の管理事務所もあって、TV地上波の配信、告知放送、火災探知、緊急呼び出し、インターホンなどの機能が備わっており、当時としてはけっこう進んだシステムだった。

時は移り、設備は老朽化し、ネット回線などの環境も変わった。一昨年あたりから管理会社(C‐Iの子会社)が撤退の打診を始めた。まあ、設備やシステムを更新していては採算割れ、もしくは利用者負担が過大になるからなあ。

昨年度の自治会の旧役員が、契約は戸別のものだから、自治会は関与しない(!)としたものだから、管理会社主導での話が進んだ。今年度になって新役員が問題を取り上げたものの、時すでに遅く、システム撤収の上、後は各戸で対応を図ることとなった。

20170630catv_003

左側二つが告知放送とインターホンで、既に使えなかったり音量調整が出来にくくなったりしている。右側は、自分で発注して取り付けたTV画面付きのインターホン。10年、20年の差で、電気機器は劇的に安価、多機能、コンパクト化する。

さて、TV地上波の配信は来年 1/6 1/26 に終了するので、それまでには外付けTVアンテナか、ネット回線でのTV視聴に切り替えなければならない。それ以外の機能はすべて今晩で終了。

ここの団地が限界集落化するのも時間の問題だが、さて、再開発、起死回生となると名案もさっぱり思い浮かばない。As Time Goes By を、カサブランカでドーリィー・ウィルソンが唄っていたかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

雑561:ネット詐欺画面の一例をご参考までに

先ほど、ネットサーフィンでぶらぶら見て歩いていたら、ネット詐欺の画面が出現した。

〇○○のオネエサンの画面ではよくぶつかるのだが、朝鮮文化関係というお堅い方面でぶつかるのは珍しい。(笑

(↓クリックして拡大)

20170628

警戒音などはしないが、画面をキャンセルできない。そういう時は、[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーでタスクマネージャーを立ち上げて、アプリケーションタブから「タスクの終了」で強制終了。

それにしても、100人か1,000人に一人は引っかかって騙し取られるのだろうなあ。石川や浜の真砂は尽きるとも・・・・・か。皆さまもこういう時には冷静に対応を。できれば、〇○県警サイバー犯罪対策課あたりへ転送をよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧